お祝いが高額な時のお返しは?内祝いが複数ある時ののしや郵送方法は? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

お祝いが高額な時のお返しは?内祝いが複数ある時ののしや郵送方法は?

結婚、出産、入学、新築などのお祝いを
高額いただく場合があります。

 

そんな時のお返しは失礼のないよう、
しっかりマナーを守ってお返ししたいものです。

 

今回はお祝いを高額頂いた時のお返しについてまとめました。

スポンサードリンク

お祝いが高額な時のお返し

お祝いが高額な時のお返しの相場

結婚や出産、新築祝いなど
人生の大きな節目には、
近い親戚から高額なお祝いを頂くことがあります。

 

 

お祝いのお返しの相場は
頂いたお祝いの半分〜三分の一程度と言われています。

 

 

ただ5万円、10万円と高額になってくると、
お返しの額も高額になってしまいます。

 

お返しはあまりに高額なものを
返すのは失礼にあたるとされています。

 

ですから、高額な場合は
三分の一程度を目安に考えたら良いと思います。

 

 

高額なお返しの時の品物

結婚祝いや出産祝いのお返しの贈り物の基本は、
「相手に喜んでもらえるものを贈る」です。

 

逆に贈ってはいけないものは、
縁起の悪い物、高価すぎるもの、身分不相応なものです。

 

 

お返しの額が2万円、3万円になってくると
品物を一つ選んで贈るのも難しくなってきます。
(高価なインテリアや食器などは、
相手が好むかどうかわかりませんから)

 

商品券でお返しすると、
金額がダイレクトに伝わりますし、
地域によっては年齢が上の方だと
失礼だと思われることもあるようです。

 

 

高額な場合のお返しで人気なのはカタログギフトです。

 

これなら金額はわかりませんし、
自分の好きなものを選ぶことができます。

 

カタログギフトだけで2万円、3万円のものを
お返しするのではなく、
他に品物を一つか二つとカタログギフトを
1万円〜1万5千円分にする方が多いですね。

 

出産祝いのお返しならカタログギフトと
名入れしたお菓子やタオルなどと組み合わせるという感じです。

 

 

 

私は新築祝いに5万円頂いた時は
1万円分のカタログギフトと、
お酒1升(5千円位)とお菓子(3千円位)でお返ししました。

 

私の地域では高額なお祝いのお返しに
カタログギフトだけで返すのは失礼という
風習があると親に言われました。

 

このように高額な場合に
カタログギフトだけでは失礼な地域もあるので、
周りに聞いてみるのも良いと思います。

 

 

内祝いが複数個ある時の熨斗は全てにつける?

高額なお祝いを頂いた時は
お返しの品物が複数個になることがあります。

 

お祝い事なので赤飯と品物をお返しする時もありますよね。

 

 

いくつかの品物を同じ目的で贈る時は、
「主となるもの」「一番高額なもの」
にのし紙と表書きをして包装します。

 

それ以外の品物は包装だけでかまいません。

 

 

現金や商品券などに品物を添える場合も同様です。

 

 

複数の品物に熨斗をつけるのも、
慶び事が重なるという意味もあって
悪い事ではありませんが、
贈られた側からすると何枚も
熨斗を外すのは少々手間になってしまいます。

 

 

内祝いが複数ある時の郵送方法は?

お祝いのお返しはできれば相手のお宅に
直接持っていくのがマナーです。

 

でも遠方の場合や都合がつかない時は
郵送する事もあります。

 

郵送する時は、お礼状で
「伺えずすみません」と一言つけて、
お礼を伝えましょう。

 

 

郵送する時に一番簡単なのは、
同じお店やデパートで複数の品物を購入することです。

 

デパートなら売り場が違っても、
一緒に郵送してくれます。

 

もしネットなどで購入して、
バラバラに発送する時はそれぞれに熨斗をつけましょう。

 

 

自分で郵送する時は?

自分で品物を購入した時は、
ダンボールか大きな紙袋にまとめて郵送します。

 

ゆうパックなら、金券も郵送できますし、
補償も30万円までついているのでオススメです。

 

 

まとめ

出産や結婚、入学などの
お祝いが高額な場合は、
しっかり相手にお礼の気持ちが伝わるよう品物を選びましょう。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-,