日焼けして微熱が続く時の対処法は?風邪との違いは? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

日焼けして微熱が続く時の対処法は?風邪との違いは?


紫外線も強くなり、
日焼けが気になる時期になりました。

 

紫外線を浴びて怖いのは、
肌が赤くなる日焼けだけではありません。

 

日焼けをして微熱が出て身体がだるいと
思っている人も多いと思います。

 

今回は日焼けして微熱が出る原因や対処法、
風邪との違いについてまとめました。

 

スポンサードリンク

日焼けで微熱が続くことってある?

日焼けは紫外線を浴びることで、
皮膚が赤く炎症を起こしてメラニン色素が
皮膚表面に沈着することを言います。

 

日焼けがひどくなると、
皮膚が赤くなり、痒みや発疹、水ぶくれ、皮膚剥離、
そのほかに発熱や倦怠感といった
全身症状を引き起こすことがあります。

 

これらは日焼けで肌が軽く火傷したことによるものです。

 

この場合は、肌の日焼け対策が重要です。

 

 

 

ただし注意が必要なのが熱中症です。

 

熱中症と聞くと、短時間で一気に
高熱や嘔吐、意識障害などの症状が出るもの
というイメージがあると思います。

 

でも、軽度の熱中症にかかると
急激な体調変化はなくても、
微熱や倦怠感などの症状が
ダラダラ長引いてしまうことがあります

 

このダラダラ長引く症状に悩む人の多くは、
食事や睡眠などの生活習慣が乱れている人ほど
かかりやすくなってしまうので見直しが必要です。

 

 

日焼けで微熱が出た時の対処法

肌を冷やす

まずは日焼けした肌の
炎症を抑えることから始めましょう。

 

火照っている部分や赤くなっている部分を、
冷たいタオルや保冷剤をタオルで包んだもので冷やします。

 

 

日焼けした肌は水分を失った状態なので、
冷やした後は化粧水などでしっかり保湿しましょう。

 

もし皮膚がめくれたりしても、
無理に剥がしたりしないでくださいね。

 

 

水分を取る

日焼けをすると、汗として出る水分、
肌からの水分蒸発でどんどん体内の水分は失われています。

 

熱中症も急激な脱水が関係しています。

 

ですから水分補給は常に意識してとりましょう。

 

ただし水分補給する時は、
水やお茶だけで摂るのではなく、
塩分や糖も含んだものも摂るようにしましょう。

 

汗で失われた塩分をしっかり補充しましょう。

 

 

体を休める

熱が下がったから大丈夫だと思って
すぐに活発に動いて熱を振り返す人がいます。

 

体の負担はすぐに消えるものではありません。

 

無理な活動を続けると、
体への負担が徐々に蓄積されてしまい、
微熱や倦怠感が取れずダラダラ長引いてしまいます。

 

ですから、十分な水分、栄養、睡眠をとって体を回復させましょう。

 

 

気温変化に気をつける

暑い日が続くとクーラーは欠かせません。

 

ただし冷房の温度設定があまりに低いと、
室内と室外の温度差が大きくなりすぎて
体がついていけなくなってしまいます。

 

体は常に体温を一定に保とうとしますが、
温度の急激な変化が
自律神経を乱してしまう原因になってしまいます。

 

自律神経が乱れると
体温調節をすることができなくなり、
体内の熱を放出できなくなってしまいます。

 

冷房設定は27〜28度にしましょう。

 


スポンサードリンク

日焼け後に出る熱と風邪の違いは?

日焼けをすると、肌のやけどや軽い熱中症で
熱が出ることがあるというお話をしました。

 

 

風邪の可能性はあるんでしょうか?

 

強い日焼けをすると、
皮膚の免疫反応が10日間ほど抑えられると言われています。

 

紫外線を浴びると活性酸素が増加し
免疫力が低下してしまします。

 

活性酸素とは、
酸化力が強く体内に入ってきた細菌などを
退治してくれるものです。

 

酸素の働きも促進させてくれるので
体には必要なものです。

 

でも、活性酸素は増加しすぎると悪影響があるんです。

 

日焼けをして肌の細胞を紫外線から守るために
活性酸素が増加しますが、
強い酸化力を持っているので
元々の細胞にもダメージを与えてしまいます。

 

 

強い日焼けをすると活性酸素が増えて
細胞がダメージを受けて、
免疫力が低下している状態なんです。

 

免疫力が低下していると、
様々なウイルスや細菌に感染しやすい状態なので
風邪もひきやすくなっています。

 

微熱の出始めは、
肌のやけどや熱中症によるものでも、
回復過程で風邪をひいて微熱が長引いてしまうことがあります。

 

もし日焼け後のケアをしても
微熱が3〜4日続くようなら、一度受診しましょう。

 

鼻水や咳、喉の痛みなどの症状があれば
早めに受診しましょう。

 

 

まとめ

日焼け後は肌のやけど、
軽い熱中症などで微熱が出ることがあります。

 

肌のケアと、水分・栄養補給をして、
しっかり体を休めて回復に努めましょう。

 

日焼け後は免疫力が弱まって
風邪をひきやすい状態なので、
体調不良が続くときは受診しましょう。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-