カッパの正しいお手入れや乾かし方 撥水を復活させる方法をご紹介 | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

カッパの正しいお手入れや乾かし方 撥水を復活させる方法をご紹介


梅雨時期になると活躍するレインコート。

 

でも濡れたレインコートの
お手入れをしっかりしないと、
梅雨の嫌な臭いや撥水効果が弱くなる原因になります。

 

今回は濡れたカッパの
正しいお手入れ方法や
撥水力を復活させる方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

カッパの正しいお手入れ

雨風から守ってくれる雨具。

 

特に梅雨の時期は大活躍です。

 

レインコートを購入した時の
性能をいかに維持できるかは、
日々のお手入れにかかっています。

 

濡れたレインコートを干して、
次にそのまま着るという人も多いと思います。

 

でも、雨風や自分の汗で
思っている以上にレインコートは汚れているんです。

 

汗や汚れがついたまま使い続けると、
カビが発生して嫌な匂いがしたり、
カッパ表面の撥水性が低下する原因になります。

 

お手入れで大切なのは「洗濯」です。

 

洗濯することでの
レインコートの生地へのダメージより、
使用後にそのまま保存することの方がダメージが大きいんです。

 

理想としては使用する度に洗濯をすることです。

 

もし時間がなければ、お風呂に入る時に
目に見える汚れはしっかり落として、
あとは全体をぬるま湯でザーッと洗いましょう。

 

 

カッパの早い乾かし方

カッパは濡れた状態で乾くまで時間がかかると、
カビが発生して嫌な臭いの原因になります。

 

梅雨だと夜の間にしっかり乾かして
翌日気持ち良く着たいですよね。

 

カッパを早く乾かすための手順について解説します。

 

 

1生地は絞らずに、タオルで水分を拭く

強く絞ると生地を傷める原因になります。

 

カッパの水気を軽く振り払ってから、
タオルで水分を拭きます。

 

洗濯機で脱水すると、生地を傷めたり
洗濯機の故障の原因にもなるので避けましょう。

 

 

2形を整える

干す前にしわを伸ばし、形を整える。

 

できるだけ袖も広げて干します。

 

 

3陰干しする

ナイロンやポリウレタン素材は
紫外線に弱いので、陰干しします。

 

 

4風邪を当てる

除湿機、エアコン、扇風機。

 

風邪を当てることで乾きはグーンと早くなります。

 

 

カッパの撥水力を復活させる方法

カッパの撥水が低下する原因

1カッパについた汚れ

先ほどお手入れのところでもお話ししましたが、
カッパの素材の表面に汚れが付着すると
撥水性は低下します。

 

汚れがカッパを覆っている撥水剤の上で
水分を吸ってしまうからです。

 

洗濯でこまめに汚れを落とすことが大切です。

 

ただし、洗剤を使った際は
十分にすすぎをしないと洗剤成分が残ってしまい
「汚れ」と同じように撥水性が低下してしまいます。

 

 

2長期使用による磨耗

何度も繰り返し着ていると、
カッパの撥水剤が落ちてしまいます。

 

撥水性回復には撥水スプレーが必要になります。

 

 

簡単に撥水力を回復する方法

汚れを落としても撥水力が戻らないと
思ったら試して欲しいのが
「ドライヤー」です。

 

レインコートの生地によって
熱に弱いものがあるので、
洗濯表示にアイロン使用可の
表記があるかを確認してくださいね。

 

ドライヤーの熱によって
フッ素加工が撥水効果を取り戻してくれます。

 

 

ドライヤーのかけ方は簡単。

撥水力が落ちたところに掛けるだけです。

 

 

アイロンでも大丈夫ですが、
アイロンの時は当て布をしてください。

 

 

撥水スプレーの注意点

ドライヤーやアイロンの熱を加えても
撥水力が復活しなければ撥水スプレーが必要です。

 

カッパの汚れを落とし、
しっかり乾いた状態のものに使用します。

 
・20cm程離してスプレーする

カッパがしっとり濡れる程度に
スプレーしましょう。

 

肩や袖、帽子部分などの濡れやすい部分も
まんべんなくスプレーします。

 

 

・風通しの良いところで使用

吸い込むと危険なので、
必ず屋外の風通しの良いところでしましょう。

 

スプレーした後は30分以上、
風通しの良いところで乾かします。

 

 

まとめ

カッパは汚れを落として
しっかり乾燥することが大切です。

 

洗濯後は折りたたんで折り目がつくと
生地がダメージを受けるので、
片付ける時は丸めるようにして収納しましょう。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-