アニサキス食中毒の予防法 要注意な魚の種類は?肉眼で見える? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

アニサキス食中毒の予防法 要注意な魚の種類は?肉眼で見える?


今年に入って
渡辺直美さんや庄司智春さんが
アニサキスが原因の食中毒で
激痛に苦しんだと話していたのが記憶に新しいですね。

 

アニサキスが原因の食中毒の報告が増えています。

 

そんなアニサキスの食中毒に
ならないための予防法をまとめました。

スポンサードリンク

アニサキスの食中毒予防法

アニサキスって何?

アニサキスは、寄生虫(線虫)の一種です。

 

通常このアニサキスは、
魚介類の内臓に生息しています。

 

寄生している魚が死んでしまうと、
内臓から身の部分へと移動することが知られています。

 

アニサキスが寄生している
魚介類を生のままで食べると、
アニサキス幼虫が胃壁や腸壁に刺入して
食中毒を引き起こします。

 

アニサキスによる食中毒は激しい腹痛が特徴です。

 

 

アニサキスの食中毒を予防するには?

新鮮なものを選ぶ

刺身など、生で食べるときには
絶対に新鮮な魚を選びましょう。

 

新鮮な魚の場合は、
多くは魚の内臓に寄生して
筋肉内に寄生していることは少ないので、
内臓を取り除き洗浄すれば
アニサキス感染のリスクは軽減できます。

 

ただし魚の鮮度が落ちると、
アニサキス幼虫が内臓から筋肉に移動してしまいます。

 

ですから鮮度が落ちた魚を
生で食べるのは危険だということです。

 

 

加熱する

アニサキスは熱に弱いです。

 

魚を加熱調理する時は、
60〜70度以上ですぐに死滅するので、
アニサキスを確実に除去するためには
魚の加熱調理がおすすめです。

 

 

冷凍

アニサキスは熱にも弱いですが、
低温にも弱いんです。

 

魚介類を冷凍する場合は、
−20度で24時間以上冷凍すると、
感染力を失うことができます。

 

 

よく噛めば大丈夫なの?

たまにアニサキスはよく噛めば
撃退できると言われていることがありますが、
よく噛んでも完全に撃退することはできません。

 

アニサキスはかなり強靭で、
通常の咀嚼では噛み切れません。

 

わさびや生姜、酢なども
私達が食べるような濃度では効果はありません。

 

 


スポンサードリンク

アニサキスに注意が必要な魚の種類

アニサキスの代表と言えば「サバ」です。

 

もちろん加熱調理されていれば
問題ありませんが、
刺身で食べるときは要注意と成ります。

 

〆サバを食べるときも
アニサキスには注意が必要です。

 

作る工程で冷凍しているかどうかが
ポイントになります。

 

 

イカ

特にスルメイカはアニサキスが多いです。

 

アオリイカにも寄生しますが、
イカの場合はアニサキスが
見えることが多いのでよく確認してから
食べるようにしてください。

 

塩辛も冷凍してから作ったものでないと
アニサキスの被害が多いものです。

 

塩が多いからといっても
アニサキスは死なないので要注意です。

 

 

その他にアニサキスが寄生しやすい魚

・鮭

・アジ

・タラ

・カタクチイワシ

 

 

これらは刺身で食べるときは鮮度が良いものにしましょう。

 

 

アニサキスは肉眼で見える?

アニサキスの幼虫は、
体長が2〜3cm、幅が0.5〜1mmくらいの大きさです。

 

見た目は白色で、少し太めの糸状です。

 

肉眼でも確認できる大きさです。

 

 

自宅で刺身を食べるときは
しっかり目視で確認しましょう。

 

ただし、鮮度が落ちるとアニサキスは
魚の内臓から筋肉に移っていきます。

 

身の中に小さな渦巻きのように
なっているものが確認できたら、
それはアニサキスです。

 

自宅で刺身を切るときは、
できるだけ薄めにそぎ切りにした方が
アニサキスが発見しやすいです。

 

 

まとめ

アニサキスの食中毒はかかってしまうと
激しい腹痛に苦しむことになります。

 

そうならないためにも予防は大切です。

 

お刺身など生で食べるときには
鮮度が良い魚を選んで、
肉眼でも十分に確認してから食べるようになりましょう。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-