下駄箱の湿気対策!靴の徹底カビ予防法 除菌スプレーは効果ある? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

下駄箱の湿気対策!靴の徹底カビ予防法 除菌スプレーは効果ある?

梅雨時期は特に下駄箱の中の湿度も高くなりがちです。

 

湿度が高いせいで靴にカビが生えたり、
嫌な臭いがしたりトラブルが起こりやすくなります。

 

今回はそんな下駄箱の湿気対策や、
靴のカビ予防方法をまとめました。

 

スポンサードリンク

下駄箱の湿気対策でするべきことは?

下駄箱の換気をする

下駄箱に靴を入れておくと
湿気がこもってしまいます。

 

天気のいい日は靴箱の扉を全開にして
十分に換気しましょう。

 

できれば靴を全て出して、
隅々まで換気できるのが一番です。

 

でも忙しかったり、
靴を出す場所が限られている時は、
扇風機などで奥の方まで風が届くようにしてください。

 

埃はカビの栄養になってしまうので、
下駄箱の中は定期的に掃除しましょう

 

 

新聞紙を敷く

靴の下に新聞紙を敷いておくことで、
靴の湿気を新聞紙が吸ってくれます。

 

新聞紙は湿気を吸ったら
こまめに交換しましょう。

 

新聞紙の見た目に抵抗があったり、
交換が面倒な場合は
除湿シートを敷いておくのがオススメです。

 

除湿シートには防臭効果もあって、
干せば再利用できるので
値段の割にはかなりお得感があります。

 

重曹を置く

空いた瓶などに重曹を入れて、
ガーゼ(ティッシュ)で蓋をします。

 

湿気は下の方にたまるので、下の段に置きます。

 

中の重曹が固まってきたら交換です。

 

使用後の重曹は掃除などで使えます。

 

 

靴のカビ予防方法は?

靴を1日はくと自分の汗でかなり湿気を持ちます。

 

自分の汗や皮脂汚れがカビの栄養となります。

 

梅雨時期は湿度も気温も
カビには絶好の増殖環境になり、
靴にカビが生えてしまうんですね。

 

靴にカビを生やさないためには
しっかり湿気対策をしなければいけません。

 

 

靴を陰干しする

どんなに下駄箱の湿気対策をしても、
靴の湿気が取れていなかったら
意味がありませんよね。

 

靴は履いた後、
1~2日は風通しの良いところで
陰干ししてから収納しましょう。

 

雨で濡れた場合は水分を拭き取り、
中に新聞紙を詰めて
3~4日ほどは陰干ししてください。

 

ものによっては5~6日陰干ししましょう。

 

雨対策として前もって
防水スプレーをしておくのもオススメです。

 

 

新聞紙を丸めて入れる

靴の中に新聞紙を丸めて入れておくことで、
除湿効果が期待できます。

 

湿ってきたら交換しましょう。

 

新聞紙を入れておくことで、
シューキーパーの効果もあります。

 

 

乾燥剤を使う

靴の中に入れておく乾燥剤が売られています。

 

この除湿剤は
備長炭と活性炭を配合した靴用の除湿剤です。

 

備長炭は吸湿と脱臭の効果が高く人気ですが、
備長炭を置くには場所を取ってしまいます。

 

でも、これなら靴に直接入れるので
場所をとらず靴の内側の湿気を取り、
嫌な臭いも予防してくれます。

 

靴のカビ対策に除菌スプレーは効果ある?

除湿を頑張っても、
カビのエサとなる靴の汚れを
毎回綺麗に洗うのは難しいですよね。

 

エサがあるとカビは増殖し兼ねません。

 

そんな時には防カビ対策として
除菌スプレーをしておくのがオススメです。

 

アルコール系のもので除菌する方法は
カビ対策に一定の効果はありますが、
持続性にやや欠けます。

 

強力なものでは塩素系がありますが、
これは皮膚についたりすることに
細心の注意が必要になります。

 

 

 

その点、この「モールドクリーナー」
天然成分である有機ヨードがベースです。

 

これは低濃度では塩素系よりも
除菌効果が高いとされています。

 

高い除菌効果があり、安心して使える
「モールドクリーナ」で
靴のカビ対策を徹底されてはどうでしょう?

 

まとめ

梅雨時期は下駄箱の湿気対策が
靴のカビ予防の鍵になります。

 

除湿できるものを置き、
靴の湿気を取って収納しましょう。

 

梅雨でも下駄箱はジメジメしないよう頑張りましょう!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-