手足口病で母乳飲めない赤ちゃんの水分補給 必要な水分量はどれくらい? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

出産・育児

手足口病で母乳飲めない赤ちゃんの水分補給 必要な水分量はどれくらい?


赤ちゃんが手足口病で口内炎ができてしまうと、
機嫌も悪く、
母乳の飲みも悪くなりがちです。

 

ママも見ていてとても心配になりますよね。

 

手足口病の口内炎はいつまで続くのか?
どんな水分補給をすれば良いのか?
赤ちゃんが必要な水分量の目安や
脱水の兆候の見極め方などをまとめました。

 

スポンサードリンク

手足口病で赤ちゃんが母乳を飲めない時はどうする?

手足口病の口内炎の痛みはいつまで続く?

手足口病の口内炎は1週間〜10日以内
治ると言われています。

 

痛みのピークは3日〜1週間ほどです。

 

その中でも痛みで食事も食べられない、
水分を取るのも辛いという症状が
強く出るのは2〜3日ほどです。

 

口の中、舌の先、喉など
口内炎が出る場所も様々です。

 

 

私の子供は1歳前に手足口病になりましたが、
ヨダレをん見込むこともできず、
口からダラダラ垂れていました。

 

 

口内炎が痛くて母乳が飲めない時は?

手足口病は手足の水泡や発疹だけでなく、
口内炎もよく見られる症状の一つです。

 

口内炎になると、
母乳やミルクを吸うときに痛みが走り、
母乳を飲まなくなってしまう赤ちゃんもいます。

 

口内炎は刺激すると
長引く時がありますし、
痛みが強い時に無理やり飲ませようと思っても
余計に機嫌が悪くなってしまい悪循環になります。

 

 

母乳を直接飲もうとすると、
キューッと吸うことで口内炎の痛みが強く出ます。

 

そんな時は搾乳した母乳を、
コップ飲みやストロー飲み、
スプーンですくって飲ませてあげる方が痛みは和らぎます。

 

1回で十分な量は飲めないので、
こまめに少量ずつ飲ませてあげましょう。

 

お薬用のスポイトで
すくってあげるのもオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン スポイトくすりのみ[ピジョン(ベビー) 薬のみ]
価格:511円(税込、送料別) (2017/5/31時点)

 

赤ちゃんが口内炎の時にオススメの水分補給は?

口内炎のときに避けた方がよいもの

口内炎になるとビタミン類を
取った方がよいとも言われますが、
酸味の強いものや刺激の強いものは避けましょう。

 

オレンジジュースや
グレープフルーツジュースなどはしみます。

 

あとは熱すぎるもの、
冷たすぎるものも
刺激が強くなってしまうので避けましょう。

 

口当たりの優しいものを選びましょう。

 

 

口内炎の時にオススメの飲み物

母乳・ミルク

先ほどもお話ししたように、
母乳やミルクを嫌がる赤ちゃんでも
飲ませ方を変えると
飲んでくれるようになることがあります。

 

ミルクの哺乳瓶も
乳首を柔らかいものに変えると、
吸う力も弱くなり負担も減ります。

 

ミルクの時に気をつけたいのが、
調乳の濃度を変えてしまう事はやめましょう。

 

薄めた方が飲んでくれるかも?と
思うかもしれませんが、
吸収率が変わって赤ちゃんの胃に
負担をかけてしまう事があるので注意しましょう。

 

 

湯冷し、麦茶

生後2ヶ月頃から麦茶も
水分補給に飲ませる事ができます。

 

麦茶も湯冷しも常温のものを
飲ませてあげましょう。

 

 

ベビー用イオン飲料

ベビー用イオン飲料は
赤ちゃんに適した浸透圧と
赤ちゃんに近い浸透圧で作られています。

 

手足口病でも熱が出ている時は特にオススメです。

 

 

離乳食期の口内炎があるときの食事は?

離乳食期だからといって、
痛い時に無理に食事を食べさせたりすると
余計に機嫌が悪くなったり、
その時の食べ物が嫌いになってしまうので注意しましょう。

 

食べられなくても水分補給を
優先して行う方は大切です。

 

少し食べられそうな様子なら、
ご飯も水分量を増やして全粥や7分粥にしましょう。

 

米粒を噛むのに苦労しそうなら、
ブレンダーでポタージュ状にしてあげれば
飲みやすいです。

 

この時はそれまで食べていた形態を
与えるのではなく、
食べやすい、飲み込みやすいものを
食べさせてあげましょう。

 

 

赤ちゃんが1日に必要な水分量は?

体重が10kgまでの赤ちゃんが
1日に必要な水分量の目安は体重1kgにつき100mlです。

 

つまり体重が8kgなら800mlということになります。

 

この量が通常の目安なので、
発熱などで汗を多くかいた時は
この量に少しプラスした水分補給が必要です。

 

 

赤ちゃんの脱水が疑われる時は?

赤ちゃんが母乳やミルクを
飲めなくなると心配なのは脱水です。

 

水分補給が足りなければ病院に受診し
点滴治療が必要になる場合もあるので、
注意深くみていきましょう。

 

 

水分量が足りているかどうかは、
尿がきちんと出ているか、
便が硬くなっていないかで
ある程度判断できます。

 

特に尿の色が濃かったり、
回数が極端に少なくなってくると
脱水の可能性があります。

 

生後0ヶ月〜6ヶ月では
1日の排尿回数は15〜20回。

生後6ヶ月〜12ヶ月では
1日の排尿回数は10〜15回。

1歳〜2歳では
1日の排尿回数は7〜12回。

 

 

この回数は目安ですが、
極端に回数が少ない時、
尿の量が少ない(濃い)時は
水分補給が足りていない可能性が高いです。

 

水分補給があまり進まない場合は、
一度小児科にご相談されることをお勧めします。

 

 

まとめ

手足口病は口内炎の痛み以外にも、
水泡や発疹の痛みや、
発熱での倦怠感から
赤ちゃんの機嫌が良くないことが多いです。

 

こんな時は飲みやすいような工夫をして、
脱水にならないよう水分補給に努めましょう。

 

1日でも早く手足口病が治り、
元気になりますように!

スポンサードリンク

-出産・育児
-