手足口病で大人は病院に行くべき?受診は何科?症状悪化したらどうなる? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

手足口病で大人は病院に行くべき?受診は何科?症状悪化したらどうなる?


夏になると流行りだす手足口病。

 

お子さんからうつってしまうと困りますよね。

 

基本的に手足口病には特効薬などなく、
対症療法が基本となります。

 

大人が手足口病にかかった時は
病院に受診するべきかどうかなど、
対応についてまとめました。

 

スポンサードリンク

手足口病の時に大人は病院に行くべき?

大人の手足口病

手足口病は夏風邪の一種で、
患者のうち9割以上が5歳以下の幼児や乳児がかかる病気です。

 

大人はかかりにくいとは言われていますが、
お子さんが手足口病にかかると
オムツ交換や抱っこなどで密着する時に
感染するリスクは高くなります。

 

症状は子供とほとんど同じですが、
厄介なことに大人の方が
症状が重く出ることがあると言われています。

 

 

手足口病 大人の症状

最初は風邪と同じように、
発熱(微熱や出ない場合もあります)、
頭痛、倦怠感から始まります。

 

その2〜3日後に、
手のひらや、足底や足、お尻などに
2〜3mmの白や赤っぽい湿疹や水泡が出始めます。

 

それが口の中でも同様にでき、
口内炎や喉の痛みが出ることもあります。

 

 

手足口病で病院に受診するべき?

先にも書きましたが、
手足口病には特効薬はありません

 

子供が受診しても基本的には
薬の処方がないことが多いです。

 

だから、受診しても診断が出るだけなら
行く意味ないんじゃないかな〜と思いますよね。

 

 

受診しても基本的には対症療法になるので、
必ずしも受診しなければならない病気ではありません。

 

ですが、手足口病の
症状以外の合併症が疑われる場合や、
症状緩和のために処方が必要な場合は
受診をお勧めします。

 

熱がなかなか引かない、
頭痛が今までの風邪よりひどい、
下痢や嘔吐がひどいなどの

これまで経験していないような
風邪症状が出ている場合は
受診をされることをお勧めします。

 

その他に、発疹が痛くて鎮痛剤が欲しい、
水泡が潰れて浸出液が出ている、
このように発疹や口内炎の症状がひどく
何かしらの治療が必要な場合も受診しましょう。


スポンサードリンク

 

手足口病で大人が受診する病院は何科?

風邪症状が主訴の場合

基本的には「内科」受診です。

 

下痢がひどい場合は整腸剤を、
口内炎や喉が痛くて水分摂取が
できていない時には点滴を、
というように対症療法をしてくれます。

 

その他、発熱が続いている場合や、
頭痛がひどい時は、
検査を行い手足口病以外に何か
合併症を起こしていないかの原因検索も行います。

 

 

発疹が主訴の場合

「皮膚科」を受診しましょう。

 

発熱した日から
3〜4日目が湿疹のピークとなり、
5日目からだんだん茶色くなって、
7〜10日でほとんど痕が残らず消えていきます。

 

かゆみを伴ってひどい時は
かゆみを抑える抗ヒスタミンなどが
処方されることがあります。

 

かゆいからといって、
手持ちのステロイド剤を塗ると
悪化することがあるので
自己判断で塗るのはやめましょう。

 

水泡が潰れてしまい、
浸出液など出ている時は
そこから感染する危険性があるので
受診しましょう。

 

かゆみが強い時にかきむしってしまうと、
とびひ(伝染性膿痂疹)
なってしまうことがあるので、
早めの受診が大切です。

 

 

「口内炎」が主訴の場合

「歯科」「内科」を受診します。

 

口の中の水泡も
手足と同じ時期に出始めます。

 

この水泡が潰れると口内炎になり
痛みを伴うことがあります。

 

3日目〜1週間くらい続いて
口内炎は回復していきます。

 

口内炎がひどくて
飲んだり食べたりできない場合は、
口内炎の薬や鎮痛剤が処方されるので受診しましょう。

 

 

手足口病の症状が悪化したらどうなる?

手足口病は対症療法が基本なので、
自宅で経過を見ていくことになります。

 

手足口病は基本的には夏風邪の一種で
重症化することは稀です。

 

ただし
「稀にではありますが重症化することがある」
ということです。

 

 

手足口病はウイルス感染です。

 

ウイルス感染が中枢神経系に入り込んでしまうと、
髄膜炎・小脳失調症・脳炎・急性弛緩性麻痺などの
中枢神経系の合併症

引き起こされることがあります。

 

発熱が続く、頭痛・嘔吐を伴う、
意識が朦朧とするなどの症状が
見られたら受診しましょう。

 

 

まとめ

大人が手足口病にかかった時は、
基本的には対症療法なので
風邪の時と同様に十分な水分補給と栄養、
休息をとりましょう。

 

もし症状が悪化するようなら
早めに受診しましょう。

 

1日でも早く治りますように!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-