ハッカ油の虫除けでベランダの害虫対策 効果的な使い方とスプレーの作り方 | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

ハッカ油の虫除けでベランダの害虫対策 効果的な使い方とスプレーの作り方


少しずつ温かくなってくると気になってくる虫。

 

ベランダに洗濯物を干しても
小さな虫がくっついてしまったり。

 

そんな時に便利なのがハッカ油を使った
天然成分でできた虫除けです。

 

今回はハッカ油の虫除けスプレーで
ベランダを害虫から守る方法や、
自分で作る時の作り方や注意点をまとめました。

 

 

スポンサードリンク

ハッカ油の虫除けでベランダの害虫対策はできる?

ハッカ油とは

ハッカ油はハッカソウというミントを
乾燥させて抽出した植物油のことです。

 

ハッカ油には、
殺菌・消臭効果や、清涼感、リラックス効果、
そして虫除け効果など、様々な効果がある
と言われています。

 

ハッカは食べることもあるものなので、
市販のものと比べても安心して
使うことができるのも魅力の一つです。

 

ベランダのが害虫対策をする時に、
ベランダの植物や干している洗濯物に
ハッカ油の虫除けが付着しても何ら害はありません。

 

 

ハッカ油のでの虫除けに効果がある種類

・蚊

・アリ

・蛾

・クモ

・ゴキブリ

・カメムシ

・蜂

・ムカデ

・ダニ

 

 

これだけの種類に効果があると言われています。

 

ベランダに来てほしくないものは、
ほぼこの中にあると思います。

 

でも、ハッカ油の虫除けスプレーは
使い方で効果が変わってきてしまうので注意が必要です。

 

 

ハッカ油の虫除けの効果ある?

ハッカ油で作る虫除けスプレーは
「効果あった」という人と、
「効果がなかった」という人がいます。

 

 

ハッカ油の香りは私たちは清涼感を感じますが、
蚊などの虫はこの香りを嫌い離れていきます。

 

この性質を利用したものが
ハッカ油の虫除けスプレーなんですね。

 

ですから、ハッカ油の虫除けは、
匂いがなくなると虫除けの効果が
薄れてきてしまうので、
こまめにスプレーしなければいけません。

 

一度スプレーして効果が持続するのは2時間程度です。

 

2時間おきにこまめにスプレーしたり、
匂いが薄れてきたと思ったらスプレーするようにしましょう。

 

 

私は物干し竿や天井、足元にもスプレーしています。

 

小さな虫も寄ってこなくなりましたし、
蜘蛛の巣対策にも効果絶大でした。

 

 

ベランダだけでなく、網戸などにスプレーすると
部屋の中への虫の侵入も防げます。

 

市販のスプレーと比べると、
持続時間が短いのでこまめに
スプレーしなければいけないのが
面倒なところでもあります。

 

効果を感じられなかった人は、
こまめにスプレーできていなかったのかもしれません。

 

 


スポンサードリンク

ハッカ油の虫除けスプレーの作り方や注意点

ハッカ油の虫除けスプレーの作り方

材料

・ハッカ油 30〜60滴

これは害虫対策で使う用の量です。

 

体に使うものだと20滴くらいから様子を見て増減します。

 

 

・消毒用エタノール 10ml

油と水は混ざらないので、
エタノールでなじませるために使います。

 

エタノールには「無水エタノール」と
「消毒用エタノール」があります。

この二つの違いは濃度の差です。

 

消毒用エタノールが80パーセント位、
無水エタノールはほぼ100パーセントなんです。

 

濃度が100パーセントだと殺菌力が落ちるので、
消毒用エタノールの方が虫除けにはオススメです。

 

 

・精製水 90ml

水道水にするとハッカを
分解してしまうと言われています。

 

すぐに使う分なら問題ないですが、
保存期間があるようなら
精製水もしくは軟水のミネラルウォーターを使ってください。

 

 

・スプレーボトル

ハッカ油はポリスチレンを
溶かしてしまうので注意が必要です。

 

ポリスチレンやPS、スチロール樹脂などの
表記があるものはダメです。

 

ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、
ガラス製のスプレーボトル
を準備してください。

 

 

作り方


スプレータイプの容器に、
消毒用のエタノールを入れます。

 


そこにハッカ油を入れます。

 


容器の蓋を閉めて、よく振って
エタノールとハッカ油をよく混ぜます。

 


そこに精製水を加えて蓋をして、
さらによく振って混ぜます。

 

 

ハッカ油の虫除けスプレーの注意点

使用期限

作った虫除けスプレーは
できるだけ早く使い切ってください。

 

時間が経つと香りが変化してしまうので、
1週間から10日位を目安に使い切りましょう。

 

ベランダに使う場合、広範囲になるので
今回の作り方の量だと1週間は全然持たないと思います。

 

 

原液は刺激が強い

ハッカ油の原液はメントールの刺激が
とても強いので肌についたりしないよう注意してください。

 

原液のまま服などに付着すると、
変色する可能性があるので希釈して使ってください。

 

原液をコットンなどに染み込ませたり、
小皿に垂らして使う方法はベランダには不向きです。

 

 

猫への危険性に注意

猫はハッカ油などの精油の成分を
肝臓で解毒できず、
猫の体内に止めてしまう可能性があります。

 

ですから猫を飼われている場合は、
ハッカ油などの精油の使用が合わないと
言われているので注意が必要です。

 

 

まとめ

ベランダにやってくる虫対策に
ハッカ油の虫よけスプレーを効果的に使うためには、
こまめにスプレーして香りが持続するようにしてください。

 

しっかり害虫対策していきましょう!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-