手足口病で病院は行くべき?受診は何科?何日で治るもの? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

手足口病で病院は行くべき?受診は何科?何日で治るもの?


手足口病は夏に流行し
7月にピークを迎えるウイルス性の感染症です。

 

特効薬や予防ワクチンもなく
対症療法が基本となる疾患です。

 

もし手足口病と疑われる症状が出た場合、
病院に受診するべきか、
何科を受診するか悩みますよね。

 

一般的に手足口病は対症療法で
どのような経過をたどるのかまとめました。

 

スポンサードリンク

手足口病で病院は行くべき?

夏になると子供を中心に患者数が増える
感染症が「手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱(咽頭結膜炎)」です。

 

子供の「三大夏風邪」と呼ばれたりもしますが、
この季節は特にお子さんの体調変化に注意が必要です。

 

 

手足口病の患者のほとんどは小児で、
5歳未満の小児が80%を占め、
最も発症しやすいのは1歳児です。

 

原因ウイルスは「エンテロウイルス」と
「コクサッキーウイルス」で、
複数の種類があるので何度もかかる可能性があります。

 

 

手足口病に感染して3〜6日後に、
口の中、手のひら、足底や足背に
2〜3mmの水疱性発疹が出ます。

 

発熱は約3分の1に見られますが、
子供の場合は高熱が出るのは稀です。

 

 

手足口病の治療

手足口病には特効薬はありません。

 

病院に受診しても基本的には薬の処方はありません。

 

今の症状に対する対症療法になるので、
口内炎がひどい場合は塗り薬や鎮痛剤が
処方されることがあります。

 

 

自宅療養で注意すべきことは、
口内炎の痛みから水分摂取が少なくなって
脱水にならないようにすることです

 

口内炎で口の中や喉に痛みがある時は、
刺激の強いものは避け、
飲み込みやすいものを食べるようにしましょう。

 

飲み物も柑橘類などのジュースはしみるので、
麦茶や経口補水液などで水分補給しましょう。

 

 

手足口病で病院は受診するべき?

手足口病に特効薬もなく対症療法だけなら
受診しなくてもいいんじゃない?と思いますよね。

 

確かに病院に行っても、大半の病院は
検査は行わず問診と診察で診断します。

 

ですから発熱がなく口内炎や
手足にプチプチとした発疹が出ている程度なら
急いで受診する必要はないと思います。

 

 

しかし稀にですが、髄膜炎や小脳失調症、
脳炎などの合併症を併発することがあります。

 

そして自己判断で手足口病だと思っても、
違う疾患にかかっている可能性もあります。

 

ですから注意深く経過観察しなければいけません。

 

 

重症化が疑われる症状

・発熱が2日以上続く

・頭や首を痛がる

・嘔吐、下痢が続く

・水分が取れず、尿が少ない

・ぐったりしている

・呼吸が早い・息苦しそう

 

これらの症状が見られる場合は、
速やかに医療機関を受診しましょう。

スポンサードリンク

 

 

手足口病で病院を受診するなら何科?

お子さんの場合は小児科
大人の場合は内科が一般的です。

 

ただし、水疱や発疹のかゆみが強い時など、
皮膚症状が強い場合は
皮膚科に受診されると良いと思います。

 

子供の場合、あまり搔きむしると
「とびひ」になってしまう可能性もあります。

 

皮膚専門の医師に診察してもらい、
処方や対応を聞きましょう。

 

 

手足口病は何日で治るもの?

手足口病は感染症の中でも経過はとても良好です。

 

 

潜伏期間は3〜6日

発熱は子供の場合は微熱程度で済むことがほとんどです。

発熱のピーク1〜2日です。

 

そして口内炎や咽頭痛が現れ、
発熱後3日〜1週間ほど続きます。

 

発疹は出始めて2〜4日目にピークとなり、
1週間〜10日で瘢痕を残さず治癒します。

 

 

 

うちの子は1歳になる少し前に
手足口病になりました。

 

うっすらした発疹が出てる?
と思った翌朝に39度近い熱が出ました。

 

まだ保育園に入園する前だったので、
まさかと思い小児科に受診しました。

 

しっかりお尻まで発疹が出ていて
「手足口病」と診断されました。

 

念のためにと解熱剤を処方されました。

 

幸いにも口内炎はほとんどなく、
食事や水分摂取は普段と変わらず出来ました。

 

発熱は1日で落ち着き、
発疹も1週間ほどできれいに治りました。

 

 

まとめ

手足口病は対症療法となります。

 

脱水に注意し、十分に水分摂取しましょう。

 

回復後も便から2〜4週間くらい
ウイルスが排泄されるので、
手洗いをしっかりして感染対策していきましょう!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-