膀胱炎の症状で初期は何で気付く?対処法は?病院は何科に受診する? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

膀胱炎の症状で初期は何で気付く?対処法は?病院は何科に受診する?


男性と比べ女性に多いと言われる膀胱炎。

 

大腸菌などの細菌が膀胱内に入り
炎症を起こすことで発症します。

 

今回は膀胱炎の症状や
早く治すための対処法などご紹介します。

 

スポンサードリンク

膀胱炎の症状で初期は何で気づくもの?

膀胱炎は女性の2人に1人が生涯で
一度は経験するとも言われている病気の一つです。

 

トイレを我慢したり、冷えやストレスを溜めることで悪化することがあります。

 

 

膀胱炎の症状

頻尿

膀胱炎の初期症状は頻尿です。

 

1回の排尿量が少なくなり、
トイレに行く回数がとても多くなります。

 

膀胱炎の炎症によって膀胱が過敏になり、
大脳に誤って排泄を促す指令が送られるために生じます。

 

 

残尿感

トイレで尿を出しても、
まだ膀胱内に尿が残っている感じがする。

 

これも炎症で膀胱が過敏になっているために現れる症状です。

 

 

尿混濁

尿が白く濁ったり、
時には血が混じる血尿が出ることもあります。

 

尿の臭いがきつくなることもあります。

 

 

その他

・排尿時痛

特に排尿の終わりかけに痛みを感じる

 

膀胱炎の痛みは「ツーン」としみわたるような痛みです

 

 

・下腹部痛

下腹部が重くてだるい感じがする

 

 

・膀胱部の圧迫感

下腹部が圧迫されているように感じる

 

 

これらの症状をそのまま放置すると、
細菌が尿管を逆行的に進み、
腎盂腎炎になってしまい
高熱を出したりする可能性があります。

 

 

 

私が初めて膀胱炎になった時は、
深夜2時に尿意で目覚めてトイレに行くと血尿。

 

うっすら血尿ではなく、
「赤い!」とびっくりする程の血尿でした。

それからひたすらトイレに行きまくる頻尿。

5分位で我慢できないんです。

 

それが1時間半くらい続いて、
気付いたら眠って朝を迎えました。

 

朝には肉眼的には血尿ではありませんでしたが、
混濁はしていました。

 

排尿終わりに「痛い」とまではいきませんが、
膀胱あたりに違和感がありました。

 

 

ちなみに私は血尿や頻尿になるまで、
何の違和感も感じていませんでした。
先生には驚かれました( ;´Д`)

 

 


スポンサードリンク

膀胱炎の症状が出た時の対処法

水分を多くとる

水分を多くとることで
排尿する回数が増えるので、
細菌を早く体外に排出することができます。

 

排尿時痛がある人は痛みが辛いので
水分摂取量を控えてしまいがちですが、
尿がたくさん膀胱に溜まれば溜まるほど
痛みも和らいでいきます。

 

ですから出来るだけ水分を多めにとるようにしましょう。

 

 

アルコール、刺激物は控える

先ほど水分摂取をした方がいいと言いましたが
水分はお茶や水など刺激のないものにしましょう。

 

アルコールには血管を拡張する作用があり、
血行促進されます。
膀胱が炎症を起こしている時に血行が良くなると
炎症を悪化させる可能性があるんです。

 

その他に、コーヒーや紅茶などの
カフェインを含む飲み物、
わさびや唐辛子などの刺激物も
炎症が治まるまでは摂りすぎないようにしましょう。

 

 

下半身を冷やさない

長時間にわたって下半身を冷やしてしまうと、
膀胱に流れる血流が減り、
抵抗力が弱まり、
細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

冷たい飲み物やクーラーなどで
体を冷やさないように注意が必要です。

 

特に女性は冷え性の方が多いので、
温かい飲み物を積極的にとるようにしましょう。

 

 

膀胱炎が疑われる時は病院は何科

もし膀胱炎が疑われる場合は、
「泌尿器科」を受診しましょう。

 

もし泌尿器科に行くのに抵抗があったら、
内科や婦人科でも診察は可能です。

 

 

検査は?

医師の問診と尿検査で診断できます。

 

必要時、尿の培養検査も行います。

 

一般の尿検査はすぐに結果が出ますが、
培養検査は数日かかります。

 

尿培養検査では、
細菌の種類と抗生剤が効くものかを判断します。

 

 

治療は?

後衛物質の内服を3〜5日間行います。

 

通常1〜2日で症状はよくなり、
3〜5日の治療で治癒します。

 

 

 

私は抗生剤5日分、
漢方(排尿を促す)7日分が処方されました。

 

抗生剤を午前中に飲んで、夜には症状は治まりました。

 

 

まとめ

膀胱炎になった時は、
水分をたくさん摂って
体を冷やさないように注意しましょう。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-