秋の花粉症の鼻水解消法 即効性のある止め方や対策グッズをご紹介 | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

秋の花粉症の鼻水解消法 即効性のある止め方や対策グッズをご紹介


花粉症は春だけのものではありません。

 

秋にも花粉症で悩んでいる人は大勢います。

 

今回は花粉症のサラサラ鼻水を
止める方法や対策グッズをご紹介します。

スポンサードリンク

秋の花粉症の鼻水の特徴は?

秋の花粉症の原因でもある
ブタクサやヨモギの花粉は、
毎年8月頃から飛び始め、
9月頃にピークを迎え10月まで続く
とされています。

 

 

春のスギ花粉は粒子が大きいため
鼻粘膜に留まりやすく、
下気道への影響は少ないとされています。

 

そのため春の花粉症の症状は
鼻水やくしゃみが代表的な症状とされています。

 

 

一方、秋の花粉症のブタクサは
花粉粒子がとても小さく、
気管に入って喘息のような症状を引き起こすことがあります。

 

 

と言われていますが、
花粉症の症状は千差万別ですよね。

 

 

花粉症の鼻水は、鼻の粘膜についた花粉を
取り除こうとして起こる免疫反応です。

 

鼻水は異物を洗い流そうとする働きで、
透明でさらっとしているのが特徴です。

 

鼻水の症状を放置していると、
副鼻腔炎(蓄膿症)になる可能性もあるので受診をお勧めします。

 

 

 

花粉症の鼻水対策は、
花粉を身体に取り込まないということが基本になります。

 

マスクを正しく装着し、
花粉のつきにくい素材の服を着る。

 

花粉を室内に持ち込まないようにする、
室内では空気清浄機を回す。

 

 

このような花粉対策をしていても
症状はゼロにはなりませんよね。

 

今回はサラサラ鼻水を止める方法をご紹介します。

 

 

花粉症のサラサラ鼻水の止め方

ワセリン

ワセリンを塗ることで、
鼻の粘膜を保護し、
花粉が粘膜にくっつくのを防いでくれるため
花粉症の症状を抑えられるんです。

 

ただし、ワセリンを鼻の穴の手前だけに
少し塗っても効果はありません。

 

鼻の奥の方に吸い込まれて
花粉が付着してしまうので、
奥の方までしっかり塗りましょう。

 

塗るときは、綿棒を使うと
しっかり奥の方までぬれるので便利です。

 

ワセリンは赤ちゃんの保湿に
使ったりするもので、
安全性も高く子供からお年寄りまで人気があります。

 

 

水を飲む

通常、鼻水は花の粘膜を潤すためにいつも出ています。

 

普段ならこの鼻水は喉に流れているので、
垂れてくることはありません。

 

水を少量飲むことで、
鼻水が喉の方に誘導され垂れてきにくくなるんです。

 

 

私もしてみましたが、
完全には止まりませんでしたが
鼻水の垂れる量は減ったと思います。

 

 

ツボを押す

晴明

鼻の付け根の両わきにあります。

 

目頭と鼻の付け根の骨との間を、
親指と人さし指でつまむようにして押しもみます。

 

 

迎香

小鼻の左右にあるツボです。

 

 

巨りょう

鼻の左右、頬骨の最も高いところの真下にあるツボです。

 

 

大椎

首を前に倒した時、
首と背中の付け根に飛び出る骨の下にあるツボです。

 

自分では押しにくい場所なので、
寝た体制でツボ押ししたり、
ホットタオルなどを使って温熱刺激も効果的です。

 

 

ハッカ油を使う

ハッカ油のメントール効果で、
鼻の通りが良くなります。

 

マスクの外側につけると効果的です。

 

ただし、ハッカ油の原液は
そのままつけると刺激が強いので、
水で薄めたものの方がいいと思います。

 

 

花粉症の鼻水対策グッズ

先ほどワセリンを鼻に塗る方法をご紹介しましたが、
こちらはクリームのフィルターで花粉をしっかりガードしてくれます。

 

爽やかなミントの香でスーッと気分も良くなります。

 

これを塗ってマスクをつければ効果的です。

 

 

 

塗るタイプだけでは不安という場合には、
鼻マスクタイプがオススメです。

 

鼻マスクは外観からはほとんど目立たず、
接客業の方などで愛用している人が多いものです。

 

この鼻マスクは鼻水も吸収して、
花粉もガードしてくれる商品です。

 

まとめ

花粉症の鼻水対策を行って、
サラサラ鼻水が垂れてこないようにしましょう!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-