妊活中はインフルエンザの予防接種はするべき?胎児への影響や効果は? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

妊活中はインフルエンザの予防接種はするべき?胎児への影響や効果は?

妊娠を希望している方にとって、
インフルエンザは怖いですよね。

 

今回は妊活中にインフルエンザの
予防接種はするべきかどうかを、
胎児への影響や予防接種の効果なども含めてお話ししていきます。

 

スポンサードリンク

妊活中はインフルエンザの予防接種はするべき?

妊娠すると風邪やインフルエンザなどの
病気にかかりやすくなります。

 

妊娠中は胎盤を通して
赤ちゃんに酸素や栄養を送るので、
母体の酸素量が減少しやすい状態です。

 

また、妊娠初期のつわりの影響で
満足な食事が取れないことなどから
栄養が偏り、免疫力が低下しやすくなります。

 
このような状態の妊婦さんが
インフルエンザに感染すると、
重症化のリスクがとても高く
肺炎などを合併しやすくなります。

 

妊婦さんは一般の方に比べると
インフルエンザに感染した時、
集中治療室に入る率が10倍高くなるそうです。

 

ですから、妊婦さんは
インフルエンザにかからないこと、
感染予防が非常に重要なんですね。

 

 

インフルエンザの感染対策の基本は、
手洗い・うがい・マスクです。

 

そして食事はバランスよく摂取し、
睡眠を十分に摂ることで免疫を高めることも大切です。

 

 

そしてもう一つできることが、
インフルエンザの予防接種です。

 

予防接種を打つことで、
インフルエンザの予防と、
もし感染しても重症化しないことが期待できます。

 

 

でも妊活中の方は、
インフルエンザの予防接種が
妊娠した時に何か悪い影響はないのか
という心配もあると思います。

 

次ではインフルエンザの予防接種が
お腹の中の赤ちゃんに与える影響をお話しします。

 

 


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は胎児に影響ある?

妊娠中や妊娠を希望する時期、
妊娠に関わる全ての期間で
インフルエンザの予防接種を受けることが可能です。

 

予防接種のワクチンには、
病気の原因となる細菌やウイルスを
生きたまま体内に注入する「生ワクチン」と、
細菌やウイルスの毒性を完全に無くし
免疫を作るのに必要な成分だけで作られた
「不活化ワクチン」の2種類があります。

 
インフルエンザワクチンは
不活化ワクチンの一つで、
生ワクチンと違い病原性がないので、
母体・胎児ともに悪影響を
及ぼさないと言われています。

 

妊娠初期のインフルエンザ予防接種で、
流産や先天性異常のリスクが高まるという
報告もされていないそうです。

 

 

ただし、卵アレルギーや
鶏肉アレルギーがある方は、
インフルエンザの予防接種をすることで
血圧が急激に下がるなどの
アレルギー症状を起こす恐れがあるため注意が必要です。

 

病院で医師に相談してみてください。

 

 

インフルエンザの予防接種は効果ある?

インフルエンザの予防接種を打っても
「インフルエンザの感染した」ということを
耳にしたことがある人も多いと思います。

 

インフルエンザワクチンの有効性は、
ワクチン株と流行株が一致した時の
有効性は70〜90%と言われています。

 

これは健康成人で調べられたもので、
型別にみるとA型の有効性は80%前後で、
B型は一般的にA型より低く50%前後と言われています。

 

 

私は病院での説明で、
「インフルエンザワクチンを
接種しない人はした人と比較して、
2.5倍インフルエンザに感染するリスクが高い」

と言われました。

 

2.5倍もリスクが高まると思ったら、
インフルエンザの予防接種の重要性をとても感じますよね。

 

 

まとめ

妊活中の方は、妊娠して免疫力が低下して
インフルエンザに感染するのが一番怖いですよね。

 

日常生活で感染予防行動をしっかり行い、
インフルエンザの予防接種も
検討されることをお勧めします。

 

インフルエンザに感染せず、
この冬を乗り越えましょう。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-