インフルエンザの関節痛を和らげる方法 どんな痛みがいつまで続く? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

インフルエンザの関節痛を和らげる方法 どんな痛みがいつまで続く?

インフルエンザで辛いのは熱だけではありません。

 

症状は人によって様々です。

 

今回はインフルエンザで関節痛が
辛い時に和らげる方法や、
いつまで辛い症状が続くのか
ということについてまとめました。

 

スポンサードリンク

インフルエンザの関節痛を和らげる方法

インフルエンザによる関節痛の原因

インフルエンザや風邪になると、
高熱以外にも全身の関節が痛くなることがあります。

 

それは、インフルエンザウイルスが体内に入ると
「プロスタグランジン」という物質が発生するためです。

 

インフルエンザウイルスが体内に入り込むと
白血球のマクロファージから
サイトカインという物質を分泌されます。

 

この時にサイトカインとともに生成されるのが
プロスタグランジンです。

 

プロスタグランジンには

・血管拡張を促して血流増加

・ウイルスを撃退するために発熱する

という作用があります。

 

プロスタグランジンはウイルスと戦い、
痛みの原因となる物質でもあります。

 

 

インフルエンザの関節痛を和らげる方法

インフルエンザで体がだるいのに
関節痛も辛くて身動きが取れない!

 

そんな時は2つの方法を試してみてください。

 

 

関節を冷やす

インフルエンザによる関節痛は
患部を冷やすことで血管の拡張を抑え、
痛みを和らげることができます。

 

アイスノンや冷却材をタオルなどで巻いて
じわじわと冷やすのが効果的です。

 

この冷やし方で注意が必要なのが、
冷やしすぎないということです。

 

冷やすことで痛みが緩和して気持ち良いのですが、
冷やしすぎることで免疫力が上がらず
インフルエンザの治癒を遅らせてしまう可能性があります。

 

免疫力を上げるのには体を冷やさないことです。

 

ですから、常に冷やすのではなく、
痛みが和らぐまでじわじわと
冷やすということが大切です。

 

 

解熱鎮痛剤を使う

インフルエンザによる関節痛を抑えるには、
解熱鎮痛剤が効果を示すことがあります。

 

ただし、
「ジクロフェナクナトリウム」
「メフェナム酸」は
インフルエンザ脳症に関わる可能性があるので
使用を控えたほうが良いとされています。

 

市販もされているロキソニンについても、
医師によっては使用を控えるように
指示する場合があります。

 

安全性が高いと言われているのが
アセトアミノフェンの鎮痛剤がオススメです。

 

 


スポンサードリンク

インフルエンザの関節痛ってどんな痛み?

インフルエンザの関節痛の特徴は、
風邪の時と比べると痛みの強い関節痛が
全身に現れることが多いです。

 

背中や腰、膝など様々な関節に
痛みが生じることがあります。

 

 

インフルエンザの関節痛はいつまで続く?

インフルエンザで起こる関節痛は、
症状の中でも比較的早く治ることが多いです。

 

解熱とともに痛みのピークは越え、
和らいでいきます。

 

個人差はありますが、
目安としては発症から3〜7日程度で収まります。

 

もし、解熱してもなかなか治らない時には
他の疾患も疑われるので受診することをおすすめします。

 

 

まとめ

インフルエンザの時の関節痛は
解熱とともに治まっていくことが多いです。
辛い時は適度に冷やし、
解熱鎮痛剤を上手に使っていくようにしましょう。

 

そして十分に体を休め、
栄養のあるものを摂取して
早くインフルエンザを治すようにしていきましょう。

 

早く体調が治りますように!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-