キッチンの排水溝の掃除を簡単に!キレイを保つ方法は? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

年間行事

キッチンの排水溝の掃除を簡単に!キレイを保つ方法は?

2016/12/04

毎日使うキッチンはキレイに保ちたいですよね。

 

でも忙しい毎日、
なかなか排水溝のお手入れに
時間が取れない現実もあります。

 

排水溝って放っておくと、
臭いが出てきたり、
最悪の場合詰まってしまったりということがあります。

 

でも口に入るものを扱うキッチンは
清潔が一番ですよね。

 

今回はキッチンの排水溝を
簡単にキレイにしちゃう方法、
そのキレイを保つ方法をまとめました。

 

 

キッチンの排水溝の掃除について

 

排水溝の汚れの元となっているのは
「油汚れ」「水垢」
そして最近やカビなどの「雑菌」です。

 

ぬめりの原因は、
調理中に出る野菜のくずや
食べ終わった後の料理の残りカスを
エサにして菌が発生し、増殖するためです。

 

このぬめりが排水管や排水カゴに付着すると
黒ずみ、嫌な臭いが発生してしまいます。

 

ではそうならないために、
この汚れをキレイに落としていきましょう。

 

 

キッチンの排水溝の掃除を簡単に!

 

重曹とお酢(クエン酸)を使う方法

 

1.
排水溝の蓋、排水カゴを取り出します。
排水トラップを外せる場合は一緒に。

 

2.
古歯ブラシなどで大まかな汚れを
簡単に落としておきます。

 

3.
重曹を排水溝とパーツに
まんべんなくかけます。
ここでは少し多いかなという位の量を
しっかりかけてください。
少ないと汚れが残ってしまいます。

 

4.
お酢を「重曹の半分程度」重曹の上からかけます。

 

*クエン酸を使う場合

水250mlに対しクエン酸小さじ1の割合で
クエン酸水を作り、
お酢の代わりにふりかけます。

 

5.
二つが合わさるとしゅわしゅわと
炭酸ガスが発生するので、
そのまま30分〜1時間ほど放置します。

 

6.
最後にお湯をたっぷり流します。
炭酸ガスで汚れが浮かび上がっているので、
ツルんと落ちます。

 

7.
汚れが残っていたら、
古歯ブラシで軽く擦ると落ちます。

 

 

 

排水溝の垂直部分

スポンサードリンク

 

ここは重曹をかけても
全体に届きにくい部分なので
汚れの落ち方にムラの出やすい場所ですよね。
そんな時はあらかじめ
重曹とお酢(クエン酸)を混ぜておき、
しゅわしゅわ泡立つ混合液を
排水溝の淵から流しかけてください。
そして同じく時間をおいて、
お湯を流せばツルんと汚れが落ちますよ。

 

 

 

塩素系漂白剤を使う方法

 

もし重曹で汚れが落ちなかったら、
塩素系漂白剤をお勧めします。

 

泡で出てくるスプレータイプが簡単でお勧めです。

 

これを排水溝や排水カゴ、蓋に吹き付け
時間を置き、水で流せば終了です。

 

これでも落ちない場合は、
バケツや桶にパーツを入れて、
表示通りの割合で塩素系漂白剤を薄めた液で
つけおき洗いをすると落ちます。

 

塩素系漂白剤はお湯を使うと
効果がなくなってしまうので、
お水でつけ置きしてください。

 

 

キッチンの排水溝を掃除してキレイを保つ方法!

せっかく排水溝を綺麗にしたら、
それをキープしたいですよね。

 

汚れがつきにくくなる簡単な方法があるんです!

 

アルミホイルを使いましょう!

 

アルミホイルは水に触れると化学反応を起こし
金属イオンを発生します。

 

これが排水溝の細菌に働き、
繁殖を防いでヌメリを防止してくれるんです!

 

では、その方法は

1.
アルミホイルをピンポン球くらいの大きさに、
軽く丸めたものを3〜4個作ります。

 

作る時はぎゅっと握るのではなく、
軽く握り、アルミホイルが水と触れ合う面積が
大きくなるようにしてください。

 

2.
これを排水カゴの中に入れておきます。

 

 

これで終了です。
とっても簡単ですよね。

 

1か月ほどで交換していってくださいね。

 

 

まとめ

 

キッチンの排水溝が汚れて
不衛生な状態は嫌ですよね。

 

重曹&お酢の簡単方法を取り入れ、
習慣にして、
毎日ピカピカのキッチンを手に入れましょう!

 

こちらも合わせてお読みください

コンロ周りの油汚れを撃退する大掃除方法!壁や下側までキレイに!

スポンサードリンク

-年間行事