赤ちゃんが寝る時の寒さ対策!寝室の調節や布団はどうする? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

出産・育児

赤ちゃんが寝る時の寒さ対策!寝室の調節や布団はどうする?

2016/12/05

寒くなってくると、赤ちゃんが夜寝る時に
「寒くないかな?」
「風邪ひかないかな?」
と、心配になってしまいますよね。

 

体温調整がまだ上手くできない赤ちゃん。

 

赤ちゃんの出す
「寒い」「暑い」のサインを見逃さず、
着るものや布団、部屋の調整をする方法をまとめました。

 

 

赤ちゃんが寝る時の寒さ対策は?

赤ちゃんの体温調整

赤ちゃんは眠る時は
手足から熱を放出して体温を下げ、
末梢血管を収縮させたり
拡張させたりすることで、
自ら体温調整しています。

 

手や足の末梢血管を縮めることで
体温を逃さないようにしているので、
手足が冷たくてもお腹や背中に手を入れて温かければ大丈夫です。

 

冬場に授乳するときに赤ちゃんの手が触れて
びっくりする位冷たい時がありますが、
ミトンや靴下は体温調節の妨げになるので、
眠る時は使用しない方がいいです。

 

 

寝る時の服装

生後2か月まで:大人と同じ

 

生後3ヶ月〜:大人より1枚少なめ

 

生後3か月頃になると、
徐々に体温調整機能が発達してきます。

 

 

では実際には何を着ればいいのでしょう?

 

足の動きが少ない場合:長肌着+ツーウェイオール

 

足の動きが多くなってきた場合:コンビ肌着+ツーウェイオール

 

寒さが厳しい時は
短肌着をプラスして調整しましょう。

 

でも寒いからといって、着せすぎたり、
厚手の生地の服を着せてしまうと
体温調整ができなくなってしまう危険性もあります。

 

ですから授乳のたびに背中に手を入れて、
汗をかいていないか、
体は冷えていないか確認してください。

 

 

赤ちゃんの寝室はどうやって寒さ対策する?

赤ちゃんが冬場に快適だと感じる環境

 

室温:22〜23℃

 

湿度:50〜60%

 

 

寝る時の暖房器具

 

赤ちゃんは眠る前に
自分の体温を下げて、眠りについています。

 

室温が高いと、
手足での体温調整が上手くいかず、
汗をかいて機嫌も悪くなってしまいます。

 

眠る前まで暖房を入れて、
適温になったら止めれば十分です。

スポンサードリンク

 

寝ている間もずっとつけておくと、
体温調整ができないだけでなく、
部屋が乾燥し風邪もひきやすくなってしまいます。

 

エアコンを使う場合は加湿器を併用したり、
室内に洗濯物を干して、
適切な湿度を保ちましょう。

 

ファンヒーターは空気が悪くなったり、
やけどの危険性もあるので十分に注意して使用してください。

 

オイルヒーターは、室内に排気が出ず、
部屋全体が温まるので赤ちゃんには良いですね。

 

ただ温まるまでに時間がかかるのと、
本体が重いので倒れた時に
怪我をする危険性があるのが難点です。

 

 

赤ちゃんの寒さ対策に布団は何がいい?

寝る時の布団

 

昼寝:綿毛布かタオルケット

 

夜の就寝:綿毛布+掛け布団1枚

 

寒さが厳しい場合は、
掛け布団ではなく、タオルケットを1枚追加しましょう。

 

寝始めの布団は冷たいので、
ベビー湯たんぽで温めておくのも良いと思います。

 

ただ動きが出てきた赤ちゃんは
布団を蹴っ飛ばしてしまう事もしょっちゅうです。

 

そんな時はスリーパーが便利です。

 

スリーパーは開くことができるので、
抱っこでネンネしても、
そのままスリーパーの上に降ろして着させる事ができます。

 

私の子供は生後3か月頃には
足で布団を蹴っていたのでスリーパー使用しました。

 

そして1歳、2歳と成長しても、
寝相がすごいのでスリーパーは活躍し続けます。

 

ママと一緒に添い寝するのもお互いに温まってオススメです。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんが寒い冬でも快適に睡眠を取れるよう
部屋の環境や服装、布団など調整していきましょう。

 

ついつい自分が寒いからといって
赤ちゃんにも厚着をさせたり、
掛物を多くしたりしがちですが
暑くなりすぎている場合があるので注意してくださいね。

 

こまめに背中で体温調整できているかを
確認していきましょう。

 

 

こちらも合わせてお読みください
赤ちゃんのお散歩を冬する時の寒さ対策や服装の注意点!

スポンサードリンク

-出産・育児