赤ちゃんのお散歩を冬する時の寒さ対策や服装の注意点! | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

出産・育児

赤ちゃんのお散歩を冬する時の寒さ対策や服装の注意点!

2016/11/01

 

寒くなってくると、赤ちゃんのお散歩行くにも

「寒いけど大丈夫かな」

「風邪ひかないかな」

と心配になりますよね。

でも家にずっといるのも・・・とも思ったり。

 

今回は冬に赤ちゃんのお散歩へ行く時の寒さ対策や服装の注意点をまとめました。

 

 

赤ちゃんとお散歩を冬場にするときは

 

赤ちゃんがお散歩すると

寒いとママ自身も億劫になり、お散歩をためらってしまいますよね。

寒いから風邪ひくんじゃないかと心配にもなります。

でもお散歩は赤ちゃんにとても良い影響があるんです。

 

・昼夜のリズムがついて、生活にメリハリが出ます
・外気を吸うことで、呼吸器官が強くなります
・赤ちゃんの骨を育てる日光浴
・外気との気温の差で体温調整機能が発達します
・いろいろな景色を見たり、触れたり、感じたりすることで感受性が豊かになります

 

 

お散歩する時間は?

 

冬のお散歩に行くベストな時間は、

お日様が出ている9時~15時頃です。

お散歩に行く時間は2時間くらいを目安に一度帰宅するようにしましょう。

生後3ヶ月頃から少しずつ体温調節機能が発達してきます。

月齢が低いうちは少しずつ時間を延ばしていきましょう。

お散歩の途中で空腹になりぐずってしまわないよう、授乳して20~30分後が理想です。

私はお昼前位にお散歩して、

授乳(離乳食)して、

お昼寝するというリズムでやっていました。

天候によって臨機応変に調整して、り赤ちゃんとリズムをつけていけると良いと思います。

 

お散歩する場所

 

やはり冬場はインフルエンザなどの感染症が心配です。

できるだけ人混みを避け、近所を散歩したり、公園でのんびりするのをおすすめします。

もし児童館などに行った時は、赤ちゃんも帰ってきたらしっかり手洗いしてあげましょう。

 

 

赤ちゃんの冬の外出の寒さ対策

抱っこ紐でのお散歩

 

ママと密着している部分が多いので、赤ちゃんは安心感もあり、ママの温もりを感じられます。

でも、手や足は風にさらされるので防寒対策は必要です。

 

 

ママコート

 

抱っこ紐を使った状態で、赤ちゃんをすっぽり覆うことができます。

赤ちゃんが湯たんぽのように温かいので、ママにとっても最高の防寒ですね。

 

防寒ケープ

 

防寒性が高く、装着も簡単です。

可愛いデザインのものがたくさんあるのも魅力です。

お店の中に入って暖かければ外せるので、調整はしやすいです。

 

 

ベビーカーでのお散歩

 

ベビーカーは風にさらされるし、底冷えも加わって赤ちゃんは冷えやすいです。

ですから、ベビーカーに乗ってのお散歩にも対策が必要です。

スポンサードリンク

 

 

レインカバー

 

雨に濡れないだけではなく、風を防いでくれるので防寒にはもってこいです。

赤ちゃんの視界も透明になっていてお散歩も楽しめます。

必要なければたたんでベビーカーのカゴにしまうこともできてオススメです。

ベビーカーでよくお出かけされる方は、一つ持っておくと重宝します。

 

 

フットマフ

 

ベビーカーに取り付けることができる防寒用具です。

寝袋に入るように赤ちゃんをすっぽり覆ってくれます。

ダウン素材のものなどあり、厚着を嫌がる赤ちゃんにもってこいです。

 

 

ベビーカーシート

 

名前の通り、ベビーカーに敷く暖かい素材でできたシートです。

これにブランケットなど組み合わせれば暖かいです。

 

 

赤ちゃんの冬のお散歩の服装は

 

冬の外出で一番の問題は気温の変化です。

あまり厚手の素材のものを着せてしまうと、

後々暑くなった時に調整しにくいので注意が必要です。

 

 

お散歩の時の服装選びのポイント

1.肌着で寒さを調整しましょう

 

赤ちゃんはとっても汗かきです。

お散歩している時は適温でも、室内に入ると暑くなるという事もあります。

赤ちゃんに直接触れる肌着は肌触りが良く、通気性に優れているものを選びましょう。

オススメは綿100%素材です。

冬場の肌着は長肌着(コンビ肌着)1枚が基本で、寒さが厳しい時は短肌着を1枚追加して調整していくと良いと思います。

 

外出先では赤ちゃんの背中に手を入れ汗をかいていないか確認して、

肌着で体温調節してください。

 

 

2.アウターは防寒性の高いものを

 

軽くて保温性の高いもので、頭から足まで覆うものがオススメです。

ダウン素材は軽くて脱ぎ着も楽です。

 

 

3.冬用小物を使いましょう

 

帽子

6か月くらいまでは、まだまだ髪の毛も少なく頭もとっても冷えます。

肌触りが良い帽子を選んでください。

ジャンプスーツなどに帽子がついてるものもありますが、しっかり頭を覆って風が入らない帽子をかぶることをオススメします。

 

靴下・レッグウォーマー

足もとっても冷えるので必需品です。

ただ靴下を脱ぎたがる赤ちゃんが多いので、紛失には注意してくださいね。

お散歩から帰ってら「履いてない」なんてこともよく聞きます。

 

 

まとめ

 

お散歩は無理に頑張っていくものではなく、

赤ちゃんとママの体調がいい日に、

天気が良ければ短い時間でも行けたらいいなと思います。

5〜10分のお散歩でも十分なくらいです。

その時は赤ちゃんの寒さ対策をしっかりしていきましょう。

もちろんママもしっかり防寒してくださいね!

こちらのページも合わせてお読みください
赤ちゃんが寝る時の寒さ対策!寝室の調節や布団はどうする?

スポンサードリンク

-出産・育児