赤ちゃんが風邪で咳ひどい時の対処法!吐く時どうする?病院受診は? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

出産・育児

赤ちゃんが風邪で咳ひどい時の対処法!吐く時どうする?病院受診は?

2016/12/06

赤ちゃんが風邪をひいてしまい
せき込んでいると、見ていてとても辛いですよね。

 

特に生後6か月頃まではせき込みが刺激となり
吐いてしまうことも多かったりします。

 

今回は赤ちゃんの咳と、
咳き込んで吐いてしまう場合の対処法、
病院受診のタイミングについてまとめました。

 

 

赤ちゃんが風邪で咳が出るときの対処法

 

赤ちゃんが咳をするのは、
口や喉、気管支などに
異物が混入したことから発生します。

 

異物を排除するために咳という症状で、
身体を守っているんです。

 

では咳をする時に少しでも楽になるよう、
対策をしていきましょう。

 

 

部屋の温度・湿度を整える

 

赤ちゃんに適した環境

 

部屋の温度 22~23度
部屋の湿度 50~60%

 

乾燥している環境はウイルスが好むので、
加湿器などで適切な湿度を保ちましょう。

 

 

換気をこまめに

 

新鮮な空気を取り込みましょう。

 

エアコンを使っている家庭は
フィルターの掃除もお忘れなく!

 

タバコの煙は咳を助長するので控えてください。

 

 

抱っこは縦抱き

 

咳がひどい時は縦抱っこで、
背中をまっすぐにしてあげると楽です。

 

体を起こすことで、
横隔膜が下がり、呼吸も楽になります。

 

 

水分は少しずつこまめに

 

生後6ヶ月頃で離乳食が始まっているなら、
こまめにスプーンで湯冷ましや麦茶をあげましょう。
喉の乾燥を防ぎ楽になります。

 

 

寝る時は傾斜を

 

バスタオルや座布団などを使って、
胸から頭にかけて緩やかな傾斜を付けると呼吸が楽になります。

 

 

赤ちゃんが風邪で咳き込み吐く時はどうする?

なんで赤ちゃんはよく吐くの?

 

赤ちゃんが嘔吐しやすいのは、
胃の形がストンとまっすぐな状態なのと、
胃の入り口がまだきちんと閉まらないからなんです。

 

このため、咳をすると
腹圧で胃の内容物が溢れ出して吐いてしまうんです。

 

咳で唾液やミルクなどが気管に入ってしまい、
むせて吐く事もとても多いです。

 

 

咳き込み吐いてしまう時の対処法

食事は少なめに

 

赤ちゃんの胃は溢れ出しやすい形状なので、
お腹いっぱい食べると
咳の刺激で容易に吐き出してしまうことになるんです。

スポンサードリンク

 

ですから、
いつもの7-8割ほどの量を与えるようにして
途中お腹が空いたら少しミルクで補いましょう。

 

でも離乳食前で母乳育児の場合は
量がわからず判断が難しいですね。

 

私の子供が生後2か月頃に
咳でよく吐いていた時は、
いつもより授乳時間を短め(2分位だったと思います)
にするだけで、吐く回数は減りました。

 

 

上体を起こす

 

横に寝かせておくと逆流しやすくなります。
授乳後は縦抱きをしてあげると良いです。

 

抱っこの時にお腹が曲がってしまうと、
胃が圧迫されてしまうので注意してください。

 

もし吐いてしまっても起こしていると
誤嚥(気管に流れる)するのを防いでくれます。

 

 

鼻水は拭き取る

 

咳の他に鼻水の症状がある場合、
鼻水がのどに流れ込み、
喉の奥にからまってイガイガします。

 

その不快感から痰を出そうとして、
咳と一緒に吐くということがあります。

 

できるだけ鼻水は拭き取るか、
鼻水吸引器などで取り除いてあげましょう。

赤ちゃんが風邪で鼻水出る時の対処法!吸い方コツと病院のタイミング

 

 

赤ちゃんが咳をしている時の病院受診のタイミングは?

 

咳をしていても他の症状はなく、
元気に遊んでいるならば様子を見ましょう。

 

こんな場合は受診しましょう

 

・咳が激しく、夜もぐっすり眠れない

 

・食欲がない、または咳き込みで飲み物も食べ物も吐いてしまう

 

・咳が3日以上続いている

 

夜間でも救急外来受診しましょう

 

・活気がなく、ぐったりしている

 

・息をするとゼーゼー、ヒューヒューという音がする

 

・肩が上下するような呼吸の仕方をしている時

 

・咳の音が「コンコン」「ゲホゲホ」から「ケンケン」と犬の鳴き声のような咳に変わった時

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの咳や嘔吐は見ていてもとても辛いものです。

 

赤ちゃんの症状が少しでも楽になるように、
できる限りの対処をしていきましょう。

 

赤ちゃんはまだまだ体の予備能力が未熟です。
あっという間にひどくなってしまう事もあります。

 

ですから、
もし受診しようか悩むような様子なら
受診することをオススメします。

 

受診して、
このまま様子見ましょうという診断なら、
今回の対処法をすればいいので。

 

ママ(パパ)の不安が減るだけで気持ちに余裕もできますよ。

 

1日でも早く、赤ちゃんの体調が回復しますように。

スポンサードリンク

-出産・育児