赤ちゃんの便秘が綿棒でも出ない時のスッキリ解消法! | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

出産・育児

赤ちゃんの便秘が綿棒でも出ない時のスッキリ解消法!

2016/12/06

赤ちゃんは月齢が低いほど、
1日に何度も便が出ます。

 

便秘になると不機嫌になったり、
ミルクの飲みが悪くなったり大変です。

 

私の子供は2ヶ月頃から便秘気味になり、
綿棒刺激などを繰り返していました。
毎日のように綿棒で刺激するのではなく、
自然に出るようにならないか?と思いネットでもいろいろ検索しました。

 

でもなかなか便秘は改善されずにいました。
そんな時に助産院で教えてもらった方法が、本当にびっくりするくらい効果があったんです。

 

 

赤ちゃんが便秘で綿棒でも出ない!

 

私は母乳育児をしていて
新生児期は毎日3~5回排便がありました。
色も黄~茶色の水っぽい便です。

 

でも生後2ヶ月頃から
1日便が出ないという日が出てきました。

 

その頃から綿棒で肛門刺激して、
できるだけ毎日最低1回は排便するようにしていたんです。

 

便の硬さは徐々に泥状からペースト状になっていきました。

 

便をする時、一生懸命お腹に力を入れてるのが
伝わって来るほどでした。
ネット検索して、
お腹の「のの字マッサージ」などしてみましたが効果なし。

 

そんな時に助産院で教えてもらった方法が、
即効性がありびっくり。
この方法をした日から、綿棒での刺激は必要なくなりました。

 

 

便秘の赤ちゃんのスッキリ解消法

 

冷えは大敵

 

助産院で言われたのが、
「赤ちゃんの便秘は夏に多い」ということ。

 

汗をかいて水分が足りないから便秘になるのかな、と納得しました。

 

でも、一番の原因は「冷え」なんだそうです。

 

「冷え」ていると、お腹の中で腸を整える菌が育たず動きが鈍くなり、「便秘」になってしまう。

 

夏場はどうしても薄着になりがちです。
ママも暑いだろうからと思い、
ついつい足を出してあげたり工夫しますよね。

 

でも、それでは冷えてしまうんです。

 

 

では、どうすればいいのでしょう。

 

 

入浴

 

「10分程度の入浴では、表面しか温まらない。最低15分はゆっくり入りましょう。」

 

入浴で体全体を温め、血のめぐりをよくし、
腸にもしっかり血を巡らせるということが大事。

 

夏場なんかは特に
「のぼせてしまう」事を心配して、
ササっと入ってすませがちです。

 

でも、体の芯まで温めるためには
ゆっくり入る必要があったんです。
夏場はお湯の温度を少しぬるめにして調整してくださいね。

 

 

何を着る?

 

「足からお腹までを温めよう」

 

私は肌着1枚にロンパースを着せていたんです。

スポンサードリンク

 

そうすると足が出てしまい、
そこから足が冷え、腸も冷えてしまうんです。

 

だから夏場なら「短肌着+ズボン」で
しっかりお腹から足まで温めてあげる。

 

それ以外の季節は

 

・肌着+長袖+ズボン

 

・肌着+カバーオール(足までしっかり)+薄手の腹巻

 

これくらいしっかり足とお腹を
温めるようにしてあげるのが良いそうです。

 

私は7月生まれの子だったので、
足を出している服が多かったなと反省。
指摘を受けてから、家で過ごすときは
ズボンを履かせるか腹巻をするようにしました。

 

 

腹筋をつける

 

「腹ばいにして手足を動かそう」

 

首が座るために「腹ばい」を取り入れるママも多いですよね。

 

でも、「腹ばい」をすることが
便秘にもとっても効果があったんです。

 

腹ばいになると、
生後2〜4か月くらいの赤ちゃんは
手足をバタバタ動かします。
そして体も反らすように動かし全身を動かします。

 

その動きで腹筋も使うので、腸の動きが促進されるんです。

 

「腹ばい」をしている間は、
必ずそばで見守ってくださいね。
時間は気にせず、赤ちゃんが嫌がってしまうなら
短時間でも回数を重ねれば大丈夫です。

 

 

便秘のツボを押す

 

「お尻と足のツボを押して」

 

お尻

 

先ほどの腹ばいの時に、
お尻の少し上(プリッとしたお尻と腰の間くらい)を、手のひらでグルグル円を描くように撫でます。

 

スキンシップにもなりますし、赤ちゃんもとても喜びます。

 

このツボは「大腸愈」と言って、
腸骨の高さで背骨から指幅2本外側で、左右どちらにもあります。

 

大人の便秘にも効くそうなのでよかったら(^ ^)

 

 

 

足の裏全体を指で押したり、こすったりする。

 

土踏まずを取り囲むように
便秘のツボがあるそうですが、
赤ちゃんの足は小さいので場所は特に気にせず、
全体を押してあげれば大丈夫です。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの便秘には
「冷え」がとても大きく関わっていることがわかりました。

 

生活の改善などで、綿棒刺激などではなく自
然と排便できるようになります。

 

便秘はひどそうだから、
どうにかしてあげたいと思うのが親心。
その子の持っている力を
(今なら腸の菌を育てたり、腸を動かす力をつけたり)
援護してあげればいいんだという事に気付きました。

 

赤ちゃんの便秘に悩んでいる時に、ぜひお試しくださいね。

 

こちらも合わせてお読みください

赤ちゃん2か月が泣き止まない時どうしたらいい?抱っこのコツは?

スポンサードリンク

-出産・育児