鏡餅がカビる原因はなに?予防策&防ぐ飾り方はこれだ! | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

年間行事

鏡餅がカビる原因はなに?予防策&防ぐ飾り方はこれだ!

2016/12/07

お正月に飾る「鏡餅」ですが、
必ずと言っていいほどカビてきませんか?

 

なんでカビちゃうんでしょう?

 

どうにかならないものかと、
試行錯誤してきました。
カビる原因を知ったことで、
カビない対策が見えてきたんです。

 

今回は鏡餅がカビる原因、
カビないような予防策、カビを防ぐ飾り方をご報告します。

 

 

鏡餅がカビる原因はこれだ!

 

カビが生える(好む)原因には
「温度」「水分」「空気(酸素)」「養分」があります。

 

温度

 

カビが発生しやすい温度は20〜30℃で、
特に25℃前後で活発になります。

 

鏡餅を飾る
「床の間」や「神棚」は暖房もついて、
ちょうどカビが生えるのに好条件なんですね。

 

 

水分

 

カビが生えるためには水分が必要です。
台所で飾るときに
水がはねたりしやすいところに飾っていませんか?

 

カビは喜んで生えてきちゃいます。

 

 

空気

 

カビに取って酸素は必要不可欠。
そしてカビの胞子は
空気中にたくさん存在しています。

 

個別包装されているパック餅は、
酸素をカットして窒素を充填しているのでカビにくいんです。

 

ご家庭ではこの点に関しては、なかなか対策が難しいです。

 

 

養分

 

カビは糖分が重要なエネルギー源です。
食品でカビが生えやすいのはこのためです。

 

お餅はデンプンが主成分で水
分も多いのでカビが生えやすいんです。

 

 

鏡餅がカビないよう予防しよう!

焼酎を塗る

 

ハケで鏡餅に焼酎を塗ることで、
カビ予防になります。

 

重なる部分や底など接する面は特に念入りに塗りましょう。

 

重ね塗りするとより効果が高まります。
ただ注意したいのは、
焼酎を塗ってしっかりい乾かないうちに
重ねたりしないでくださいね。

 

湿気がカビの原因になってしまいます。

 

 

餅を手で触らない

 

いくら手を綺麗に洗っても、
手にはいろいろな菌が付いています。

 

その手で鏡餅に触れると・・・
そこからカビが生えてしまうという悲しい結果に。

 

ですから、飾るときなどはビニール手袋を使いましょう。

スポンサードリンク

 

 

自作の餅で片栗粉使っていますか?

 

鏡餅を自宅で作って形成するときに、
「もち粉」ではなく
「片栗粉」を使う家庭も多いのですが、
この「片栗粉」がカビの原因になっているんです。

 

片栗粉はデンプンから作られているんです。

 

デンプンは水分を蓄えやすく、カビが好む環境を作ってしまうんです。

 

ですから、自宅で鏡餅を作る時は
できるだけ片栗粉を使わないことをおすすめします。

 

もし使ったとしても、飾るときに
しっかり片栗粉を払うようにすれば
カビの生えやすさが変わります。

 

 

ちなみにですが、
市販のお餅を買うときに成分表を確認して
「デンプン」が入っていないものを
選ぶ方がカビ対策になりますよ。

 

 

鏡餅保護作戦

 

サランラップで鏡餅を保護するという方法を
とられている方もいますよね。

 

私もやってみましたが全く効果なしです。
(台所で水分が飛ばないようにという理由なら少しは効果ありますかね)

 

できるだけ密閉できる袋に脱酸素材
(お菓子とかについているものでもいいですし、100均でも売っています)
を入れて真空状態に近くしておく方が効果はあります。

 

 

鏡餅のカビを防ぐ飾り方は?

 

鏡餅で一番カビる原因となるのが、
一段目と2段目が重なる部分です。

 

ですから、この重なる部分に
隙間を開けるという対策が重要なんです。

 

 

どうやって隙間を開けるのか?

 

お餅やさんなんかでよく言われるのが
「米粒」を間に挟む方法です。
一段目と二段目の間に、
適当に米粒を置いて重ねるだけです。

 

大き目の鏡餅なら
「割り箸」を使う方法もあります。
鏡餅からはみださにように割り箸をカットして挟みます。

 

その他にもスーパーなどで売っている、
「カビ防止シート」
「お弁当用の防腐予防シート」なんかも効果ありです。

 

 

まとめ

 

お正月の飾りで縁起物の鏡餅。
鏡開きでいただいてこそ、
その意味があるというものです。

 

ですから、今回の方法を参考にして、
できるだけカビが生えないようにしていきましょう!

 

こちらも合わせてお読みください
鏡餅を飾る意味は?いつからいつまで?詳しく知ろう!

スポンサードリンク

-年間行事