風邪で喉が痛い時に早く治す方法と摂るべき食べ物と飲み物 | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

風邪で喉が痛い時に早く治す方法と摂るべき食べ物と飲み物

2016/12/12

風邪をひいて喉が痛くて
唾を飲み込むのも辛いという時、
少しでも早く治すにはどうすればいい?

 

そんな疑問にお答えし、喉の痛みに効く
食べ物と飲み物をご紹介します。
1日でも早く喉の痛みを治しましょう。

 

 

風邪で喉が痛いのを早く治す方法

 

喉を早く治すためには
喉を温め、常に潤すことが大切です。
ではそれぞれの対策を見ていきましょう。

 

 

喉を温める

 

喉が痛いと感じたら、
迷わず首回りを温めましょう。
喉を温めることで細菌やウイルスの繁殖を防ぎ、
炎症を和らげる効果
があります。

 

特に風邪のウイルスは温度が高くなると
攻撃力が弱まると言われています。
外出の時はマフラーや
タートルネックを着るようにし、
寝る時は薄手のタオルを巻くのがおすすめです。

 

 

うがい

 

うがいは喉についたウイルスや細菌を
洗い流す効果があります。
また、うがいをすることで喉が潤い
痛みも軽減できます。

 

 

うがいは水でいいの?

 

風邪の予防目的なら水でのうがいで十分です。

 

でも、喉に痛みを感じている時は
「塩水」か「緑茶」を使う方がおすすめです。

 

塩水うがいには、ウイルスや細菌を殺菌して
洗い流す効果があります。
塩水うがいははコップ1杯の水に
塩一つまみ入れたもので行います。

 

緑茶うがいには、殺菌作用、
免疫活性の効果があります。
温かい濃いめの緑茶がより効果的です。

 

 

うがいの方法

 

意外と正しいうがいの方法をご存じない方がいるので、しっかり確認しましょう

 

1.
手をしっかり洗う

 

2.
口の中をクチュクチュすすぐ

 

*いきなりガラガラうがいをすると、
口の中の細菌が全て入り込んでしまい逆効果です。

 

3.
口の中がすっきりするまですすいだら、
水を口に含み上を向いて
ガラガラうがいを15秒ほどする。

 

*このとき「あー」と発声しながら
喉の奥を洗う感覚で行います。

 

4.
このガラガラうがいを何度か繰り返します。

 

 

マスク

 

マスクをして喉の保湿をするのは
とっても効果的です。

 

風邪のウイルスは保湿することで、
ウイルスの活動が弱まり炎症を抑え、
症状を緩和することができる
んです。

 

夜寝る時もマスク装着が効果的です。
日中は鼻呼吸がメインでも、
夜眠ってしまうと口呼吸になってしまいがちです。

 

口呼吸になると、乾いた冷たい空気が
直接喉に入ってしまい、乾燥を助長してしまいます。

 

濡れマスクは普通のマスク以上に
保湿効果があるので、
喉の痛みがあるときにはおすすめです。

 

 

水分をこまめに摂る

 

喉の乾燥すると喉に付着したウイルスを
排除する機能が低下し
炎症が悪化してしまいます。

 

ですから喉を潤すためにこまめに
水分を摂るようにしましょう。
のど飴には保湿の他に
殺菌作用もあるので効果的です。

 

 

部屋の加湿

 

冬場はエアコンなども使っているため
部屋の中が乾燥しやすい状態です。
乾燥しているとウイルスが
元気いっぱいに動き回るので、
部屋の湿度は50~60%を目安に加湿するようにしましょう。

 

 

喉を休める

 

できるだけ喋らない。
話すことでの喉への負担をできるだけ軽減してあげましょう。

 

アルコールやタバコ、刺激物は
喉に負担が大きいので控えるようにしてください。

 

 

風邪で喉が痛い時に効く食べ物

 

はちみつ

 

喉の痛みに「はちみつ」が効くと
聞いた事があると思います。
本当にはちみつパワーは素晴らしいんです。

 

はちみつには豊富な栄養素がたくさん含まれています。

 

・優れた殺菌効果

 

・喉や口内炎の粘膜の炎症を抑え、痛みを和らげる

 

・免疫力アップ

 

・栄養の吸収がとても早く、即座にエネルギーになり疲労回復に効果的

スポンサードリンク

 

ここで注意したいのが、
「はちみつは加熱すると
豊富なビタミン類が壊れてしまう」
ということです。

 

加熱してしまうと食べてもほとんどビタミン類が
体に入ることがなくなってしまうんです。
ですから、はちみつはそのまま食べるか、
はちみつ大根なんかで摂取されるのがおすすめです。

 

 

大根

 

大根には喉の炎症を鎮める消炎作用と、
喉の腫れを和らげる作用があります。

 

また、大根はビタミンCを豊富に含んでいます。
ビタミンCは免疫力を高め、
鼻や喉の粘膜強化、ウイルス撃退効果もあります。

 

ただこれらの効果は
大根を生で食べた時に最大限に効果を発揮します。

 

大根おろしなら、おろし汁にも
栄養がたっぷり含まれているので汁ごと摂取しましょう。

 

 

レンコン

 

レンコンに含まれる「タンニン」には
喉の炎症改善作用、免疫力アップ、
抗酸化作用があります。

 

そしてレンコンは
ビタミンCを豊富に含んでいます。
なんとレンコン1節(100g位)に
レモン3個分のビタミンCが含まれているんです。

 

レンコンに含まれるビタミンCは、
レンコンのデンプンによって熱から守られています。
このため、他の食材と比べて、
加熱してもビタミンCの吸収ができるのでおすすめです。

 

 

ネギ

 

ネギの成分「ネギオール」には殺菌作用、
炎症抑制作用があります。
ネギの緑の部分には
「ベータカロテン」が含まれていて、
粘膜を健康に保つ働きがあります。
ネギの白い部分に含まれる
「硫化アリル」には血行促進作用があり体を温めてくれます。

 

 

マシュマロ

 

え?マシュマロがいいの?
と疑問に思われる方も多いですよね。
でも西洋では喉の痛みにマシュマロがいいと
医者も勧めるくらいなんです。

 

マシュマロはゼラチンでできています。
そのゼラチンが、喉の炎症を覆って
痛みを和らげてくれるんです。

 

そのまま食べてもいいですし、
温かい飲み物に入れてもいいですね。

 

 

風邪で喉が痛い時に効く飲み物

 

はちみつレモン

 

前述したように「はちみつ」の効果は優れています。

 

そこにレモンのビタミンCをプラスして
最強の飲み物にしてしまいます。
はちみつとレモン汁を水か炭酸で割って
飲むというシンプルなものです。

 

または、スライスレモンをはちみつにつけて
そのまま食べるのも良いですよ。

 

 

生姜紅茶

 

生姜には体を温めるものとして知られています。
でもその他にも、喉の炎症を和らげ
痛みを緩和する作用もあるんです。

 

ですから、喉が痛い時にも
積極的に摂りたいものなんです。
紅茶には殺菌作用もあるので
合わせるとより効果的です。

 

他にも、生姜をスライスしたものを
はちみつに漬けて、炭酸で割って
ジンジャーエールにするのもおすすめです。

 

 

焼き梅干し

 

焼き梅干しって聞いたことありますか?
梅干しは殺菌・抗菌作用が高く、
クエン酸も豊富に含んでいるので
疲労回復にも効果的です。

 

では焼き梅干しは何が違うんでしょう。
梅干しを加熱することで、
クエン酸が化学反応を起こし、
血行を改善する「ムメフラール」を生成するんです。

 

喉への血流が良くなることで
より早く治るというわけです。

 

焼き梅干しの作り方は簡単です。
梅干しをアルミホイルで包んで、
オーブントースターで10〜20分焼くだけです。
フライパンでする場合は、
油は引かずに焦げないように注意してください。

 

梅干しの中まで温まれば完成です。

 

白湯やほうじ茶に入れて
梅干しをほぐして飲んでください。
そのままの梅干しでも効果がありますが、
焼き梅干しの方がさらに効果が高まります。

 

 

まとめ

 

今回ご紹介した方法、食べ物、飲み物を
取り入れて1日でも早く喉の痛みが治りますように!

 

こちらも合わせてお読みください

風邪を早く治す食べ物と飲み物はこれ!食欲ない時はどうする?

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス