ロタウイルスの子供の症状と治療は?しっかり感染対策しよう! | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

ロタウイルスの子供の症状と治療は?しっかり感染対策しよう!

2017/02/02

寒くなってくると流行りだすのがロタウイルスです。

 

お子さんが保育園に行っていると、
お友達からもらってくることもあります。

 

では、ロタウイルスにかかった時の症状は
どんなものなんでしょう。
その症状と治療法、
そしてかかった時に気をつけたい
家族への感染対策についてご報告していきたいと思います。

 

 

ロタウイルスに子供がかかった時の症状

 

ロタウイルスは5歳までに
ほとんどの子供が感染するといわれるほど、
感染力の強いウイルスです。

 

乳幼児はロタウイルスに感染すると
重症化しやすく、入院することもあるので
注意が必要な感染症です。

 

そして、初めて感染した時は
とても症状が重くでることが多いんです。

 

では、ロタウイルスに感染した時の症状を見ていきましょう。

 

 

嘔吐

 

ロタウイルスに感染すると、
乳幼児の大半に嘔吐の症状がみられます。

 

嘔吐症状は比較的重いケースが多く、
1日に5〜6回程度嘔吐することもあります。

 

乳幼児の場合は嘔吐を繰り返し、
水分もほとんど摂れない場合、
脱水症状になることもあります。

 

 

下痢

 

乳幼児で最も代表的な症状が下痢です。
嘔吐はない場合もありますが、
下痢症状はほとんどの子供にみられます。

 

水のような下痢便で、
白っぽい便が特徴です。

 

ロタウイルスの影響で
胆汁がうまく分泌されないため、
米のとぎ汁のような酸っぱい匂いのする
白っぽい便になります。

 

下痢は数回〜十数回になり、
1週間ほど続きます。
下痢で水分をたくさん失うので
脱水症状に注意が必要です。

 

 

発熱

 

ロタウイルスに感染した時の発熱は
症状の発症時のみで、
通常は最初の1日のみで
すぐに治ることが多いです。

 

発熱は高熱の場合もあれば微熱の場合もあり、
個人差があります。
急に39度の高熱が出ることもあります。

 

 

ロタウイルスに子供がかかった時の治療は?

 

ロタウイルスの感染に対する特効薬はなく、
脱水予防と下痢に対する
対症療法を行うことになります。

 

下痢が激しく止めてあげたいですが、
下痢を止めてしまうと
ウイルスの排出がされず
病状が長引くことがあるので
止痢剤はあまり処方されません。

 

乳幼児がロタウイルスに感染した時に
一番怖いのは、脱水症状です。

 

ロタウイルスの嘔吐や下痢の症状が激しく、
一気に多量の水分やナトリウムなどの
電解質が失われてしまいます。

 

 

水分補給のポイント

 

吐いている時は
何を飲んでも吐いてしまうので、
無理に飲ませない方がいいです。

 

吐いてから2時間ほどして
落ち着いているようなら、
一口づつ少量の水分摂取を始めましょう。

 

スプーン1杯から初めて
10ml、20mlと量を少しずつ増やしていきます。

 

飲むものは、市販の経口補水液や
イオン水でもいいですし、
簡単にご家庭で作ることもできます。

スポンサードリンク

 

湯冷まし500mlに、砂糖10g、塩1gを
入れよく混ぜます。
ここにレモン果汁を少し加えると
飲みやすくなるのでオススメです。

 

砂糖を加えることで体の吸収がとても良くなります。

 

 

水分補給は少量をこまめに飲むのがポイントです。

 

水分摂取がなかなかできない場合は、
後で脱水症状についてお話しするので参考にしてください。

 

 

食べる時のポイント

 

嘔吐、下痢が落ち着いても、
傷んだ腸の粘膜が修復されるまでは数日かかります。

 

できるだけ消化のいい、
お粥、よく煮たうどん、スープなど
消化のいいものを少しずつ食べるようにしましょう。

 

冷たいもの、乳製品、油物、生野菜など
繊維の多いものはしばらく避けておきましょう。

 

 

子供の脱水症状のチェックポイント

 

ロタウイルスの感染は、
一にも二にも脱水症状に注意が必要です。

 

脱水症状には次のような症状がみられます。

 

・いつもより尿の回数が少なくなる

 

・唇や口の中が乾燥している

 

・皮膚が乾燥している

 

・手足が冷たい

 

 

病院でも行われる簡単な脱水チェックの方法

 

指の爪を5秒ほどギュッと押して、
爪の色が戻るまでの時間が
2秒以上だと脱水の可能性があります。

 

 

ロタウイルスは子供から大人に感染するの?

 

ロタウイルスは、
10〜100個程度でも感染するほど
非常に感染力が強いのが特徴です。

 

便1g中には1億から100億程度の
ウイルスが排出されるほどなので、
どれほど強力で注意が必要かわかりますね。

 

もちろん嘔吐物にも
多量にウイルスがいるので、
感染した子供から出た吐物や排泄物には
十分に注意していきましょう。

 

 

感染対策の基本

 

・手洗い

 

・消毒

ロタウイルスは次亜塩素酸ナトリウムを使用しなければいけません。

 

・排泄物は速やかに処理

 

これらの感染対策についてはノロウイルスを消毒する洗濯方法は?布団はどうする?いつまで必要?に詳細が書いてありますので参考にしてください。

 

家族全員に感染が広がり共倒れにならないよう
「速やかに」「適切に」対応しましょう。

 

二次感染対策で重要な入浴に関しては「ロタウイルスのお風呂での感染対策!子供といつから一緒に入れる?」をご覧ください。

 

 

まとめ

 

ロタウイルスは感染性胃腸炎の中でも、
症状も感染力もとても強いものです。

 

子供の場合は重症化しやすいので、
ご家庭ではとにかく水分補給をこまめに行い脱水予防に努めましょう。

 

そして他の家族に感染拡大しないように
手洗い、消毒を徹底して行ってください。

 

1日でも早く、症状が良くなりますように。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス