母乳が出ない悩みにはこの方法とお茶が効く! | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

出産・育児

母乳が出ない悩みにはこの方法とお茶が効く!

2016/12/21

産後に母乳が出るのが当たり前?
そんなわけではありません。

 

というのも、
私は2回出産し母乳育児を軌道に乗せるまで苦労したからです。

 

今回は自分の体験をもとに、
母乳が出るようになった方法と
飲んでいたお茶についてまとめました。
参考になれば嬉しいです。

 

 

母乳が出ない悩み

 

「母乳が出るのが当たり前」
と思っている人って多いですよね。
私もその一人でした。

 

自分の親も母乳育児していたんだから、
私もすぐ出るだろうと思っていました。

 

でも現実は、
産後2日目まではにじむ程度、
3日目から1g、2gと一桁の母乳分泌。

 

赤ちゃんはお腹の中でお弁当箱を持って
出てくるから数日は母乳は出なくても
大丈夫!と言われました。

 

でもさすがに母乳が足りず
ミルクも併用するようになり
「私って母乳育児できるの?」
と心配になりました。

 

さらに周りから
「母乳でしょ?」
「母乳が一番いい」
など言われ、自分で勝手にプレッシャーを
感じてしまったり。

 

赤ちゃんも一生懸命吸ってくれているのに
「母乳が足りなくてごめんね」
と思ったりしていました。

 

産後なので精神的に少し落ち込みやすかった
のもあるかもしれませんが、
母乳育児に対して敏感になっていました。

 

そんな中で試行錯誤して、
なんとか1か月ちょっとで母乳育児が
軌道に乗るようになりました。

 

次からは私が実際に行って
母乳育児に効果があった方法や
飲み物についてお話ししていきます。

 

 

母乳が出る方法とは?

 

赤ちゃんに吸ってもらう

 

これは本当に助産師さんにも
何度も何度も言われました。

 

吸われることで母乳を分泌するホルモンが
出て母乳が出るようになる
んですよと。

 

そして夜中は特に母乳を出す
ホルモンの量が1.5倍になるとも言われていて、
夜中にしっかり授乳すると母乳分泌が安定するんです。

 

私は、新生児期は3時間毎は最低でも守って、
短い時は1時間半でも欲しがる様子があれば
あげていました。
1日に12回位は授乳していました。

 

 

水分をしっかりとる

 

母乳の元となるのは水分です。
とにかくこまめに水分補給を心がけて、
1日3Lは飲むようにしていました。

 

それでもトイレの回数が少ないと感じる時は
さらに飲むようにして調整していました。

 

飲んで効果をすぐに感じられた
飲み物があったので、
何を飲んだかについては後ほどお話しします。

 

 

根菜を食べる

 

薄い味付けの和食中心の食生活にすると、
母乳の味も良くなりサラサラとした
質のいい母乳ができるんです。

 

赤ちゃんも美味しい母乳の方がいいですよね。

 

逆に甘い物や
脂肪の多いものばかり食べていると、
母乳がドロドロになり美味しくなくなるんです。

 

ドロドロになるということは、
詰まりやすくなる=乳腺炎にも
なりやすいということです。

 

自分が食べるもので母乳の質が
変わってくるので注意しました。

 

中でも根菜は母乳が増えると言われていて、
私は毎日のように食べました。
特にごぼうと蓮根を食べると、
母乳が出ているという実感がありました。

 

母乳育児が軌道に乗るまでは、
毎日でも根菜を食べることをお勧めします。

 

 

体を休める

 

これは一番難しいかもしれません。
慣れない育児でバタバタしている中、
授乳間隔も短くてまとまって体を休めることが
できない日が続きます。

スポンサードリンク

 

赤ちゃんが寝ている時は一緒に横になって
体を休めるように工夫したりして、
疲れを溜めすぎないようにしてください。

 

ストレスも母乳に良くないと言われますが、
私自身は母乳が足りないという事で
自分にストレスをかけていたように感じています。

 

周りからの言葉で
ストレスを感じることもあるので
ストレスを軽減するのは難しいとも思いますが
あまり考えすぎず少し気長に
様子を見ていくようにする事をお勧めします。

 

 

母乳が出るようになったお茶

 

ごぼう茶

 

私の一番のお勧めはごぼう茶です。
私がごぼう茶を飲み始めたのは二人目出産の時でした。

 

一人目出産の時は根菜をたくさん食べて、
1ヶ月半位で母乳育児が軌道に乗りました。

 

二人目出産の時は産後2週目位に飲み始めて、
1ヶ月も経たずにミルク併用なく
母乳育児がすんなり軌道に乗ったんです。

 

ごぼう茶の味は、
ごぼうの香ばしい風味が少しありますが
飲みやすく続けていくのに全く苦痛はないです。

 

そして何より簡単です。

 

私が購入したものは
1パック750ml分のものでしたが、毎日1パック飲むだけ。

 

飲み始めた翌日くらいから
母乳が出ている実感がありました。
赤ちゃんが吸い始めると反対からポタポタ
母乳が出てくるようになりました。

 

根菜の食事は毎日作ると
レパートリーも尽きてしまうし、
正直面倒臭いときもあったんです。
でも、ごぼう茶なら毎日午前中に
飲んでおしまいですから楽ちんでした。

 

 

 

ごぼう茶は数年前にダイエット効果でヒットしていました。

 

ネットで検索しても
ダイエット関連のものが多いです。
そのおかげか、ごぼう茶で母乳が出て
産後ダイエットもすんなりいきました。

 

二人目は戻すのが大変と言われますが、
3か月でほぼ妊娠前に戻りました。
ちなみに一人目は5か月かかりました。

 

もう一つの効果に
便秘解消があると言われていますが、
私は便秘には即効性がありませんでした。
便秘は3か月頃で治りましたが、
ごぼう茶を飲んで人によっては
下痢になる人もいるようです。

 

ですから、もともとお腹が緩くなりやすい方は
量に注意された方がいいと思います。

 

 

たんぽぽ茶

 

香ばしい味わいがコーヒーにも似ている
カフェインレスの飲み物なので、
妊娠中からコーヒー代わりに飲むこともあるお茶です。

 

このお茶は母乳分泌が増える効果もあると言われています。

 

私は一人目の時に1箱購入して飲みましたが、
母乳に関しては特に効果は感じられず断念しました。

 

私は味が少し苦手で
飲むのが義務的に感じてしまったので
向いていなかったんだと思います。

 

効果には個人差があるので、
試されてみるのも良いと思います。

 

 

白湯

 

体を温めるのも母乳には効果的と言われています。

 

母乳を出すために水分をたくさん飲むので、
冷たい飲み物を飲んでしまうと
一気に体は冷えてしまいます。

 

私は夏場は常温の飲み物を飲んでいましたが、
暑い日が終わった頃から
白湯をマグボトルに常備しておきました。

 

そしてこまめに白湯を飲んで、
じわーっと体の中から温めるようにしました。
これも簡単にできる方法なのでオススメしたい方法です。

 

 

まとめ

 

私も産後すぐに母乳が出ず苦労しました。

 

でも、今回オススメした方法で取り組んで
二人とも完母で育てることができました。
中でも赤ちゃんにたくさん吸ってもらう事と、
ゴボウ茶が特に効果を実感できました。

 

皆様の母乳育児に何かしら参考になったら嬉しいです。

スポンサードリンク

-出産・育児