育児と仕事の両立が不安な人へ!タイムスケジュールと家事のコツ | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

出産・育児

育児と仕事の両立が不安な人へ!タイムスケジュールと家事のコツ

2017/01/06

子育てをしながらも頭の片隅にある、
仕事復帰という現実。

 

私は1年間の育児休暇を取得して、
フルタイムで復帰しました。

 

復帰前は育児と仕事の両立は
できるのか不安でしたが試行錯誤して
自分なりに良い感じにペース配分が
できるようになりました。

 

今回は自分の経験を踏まえて、
育児と仕事の両立をするための
タイムスケジュールや家事のコツなど
お話ししていこうと思います。

 

 

育児と仕事の両立ができるか不安

 

まず私の場合のお話しをさせていただきますね。

 

私の仕事復帰する時の状況は

 

子どもは7時に保育園に預けて、
18時頃に迎えに行く。

夫は6時45分に出勤して
19時過ぎに帰宅の毎日。

夫の両親は遠方、
私の両親は近くにいましたが
病気のこともありあまり頼れないという状況でした。

 

 

私の復帰前の不安

 

・子どもはいつ頃になったら保育園に慣れて楽しめるのか

 

・子どもが体調崩した時どうしよう

 

・仕事が遅くなる時のお迎えが間に合うか(最長で19時までの保育)

 

・朝の支度は間に合うか

 

・帰ってから夜ご飯の準備できるか

 

・子どもが寂しがらないか

 

・仕事にすんなり戻って働けるのか

 

このような不安で復帰直前まで
頭の中はいっぱいいっぱいでした。
では、このような状況で
実際どうなったのかをこれからお話ししていきます。

 

 

育児と仕事の両立するためのタイムスケジュール

 

復帰後に試行錯誤して、どのタイミングで
食事を準備するかなど試した結果がこうなりました。

 

 

5時30分

起床
自分の準備
朝食の準備
夜ご飯の下準備
トイレ掃除

 

6時15分

子ども起床(この時間に自分で起きてきます)
子ども朝ごはん

 

6時45分

子ども洗面、着替え

 

7時

保育園に出発、あずける
出勤

 

18時

保育園にお迎え

 

18時15分

帰宅
夕食準備

 

18時45分

子どもと夕食

 

19時30分

お風呂(夫が間に合えばお願いする)

 

20時

子どもと遊ぶ
洗濯機回す

 

20時30分

子ども寝かしつけ

 

21時

食事の片付け
洗濯物を干す(夫がする)
翌日の夕食、お弁当の準備
保育園の準備
自分時間

 

22時30分

就寝

 

朝と帰宅後はとってもバタバタします。

 

朝4時30分に起きて夕食の準備を完璧にして
お弁当を作ったこともあるんですが、
私に早朝動くのは合わず断念しました。

 

私の周りは早朝に起きて色々する方が
合う人もいるので、試してみるのもオススメです。

 

 

そして仕事中も隙間時間を見つけては
夕食の献立を考えたり、帰ってからのすることを
頭の中で整理したりとフル回転しています。

 

自分の時間は子供が寝てから持つようにしています。

 

 

育児と仕事を両立するコツ

 

家事編

 

育休中ほどの質を求めない

 

育休中ほど掃除をこまめにしたり、
料理の見栄えも良くして、というのは
諦めた方が自分の気持ちが楽です。

 

時間的に考えても家事に取れる時間は
圧倒的に短いので、完璧は求めず
最低限をクリアできればオッケー精神でいきましょう。

 

 

夫と協力し合う

 

これはとっても大事だと痛感しています。

 

私は育休中は一人で全部していたので、
復帰後もなんとかなるかなと
思っていましたが大変でした。

 

ですから、
夫に洗濯は全部お願いしました。

スポンサードリンク

 

これでもまだ大変なので、
現在進行形ですが夫に料理も何品か
作れるようになってもらえるよう
アプローチしています。

 

 

夫の仕事の状況にもよりますが、
お互いに働いているんですから
協力なしでは成り立ちません。

 

毎日のように
「どうしたら良くなるか」
ということについて夫婦で話し合い、
改善していくのが一番の近道です。

 

自分一人で考えても
相手の意識が変わらない場合がありますから。

 

 

そして私の職場の先輩に言われて響いたのが、
「夫の教育も両立していく中でとても大切。
自分一人で抱え込めば
どうにかなるものじゃないよ。
夫も気分良く協力できるように関わろうと
頭を悩ませるのは後々いい結果になるからね。」

 

なるほど、と思いました。

 

夫がしてくれないことにイライラして
ぶつけたりするのではなく、
うまいこと夫を教育して協力してもらえるよう
仕向けることが大切なんだと。

 

イライラをぶつけるのもお互いに
気分が悪くなりますからね。

 

私も夫と喧嘩になることはなく、
少しずつですが協力してもらうようになりました。

 

子育て、夫育て(言葉は悪いかもしれませが)をしていくことが重要です。

 

 

料理は下準備を

料理が上手な方なら心配ご無用だと思いますが、
私はそうではありません。

 

30分で何品もという手際の良さもないので、
前日の夜に煮込めるものは煮込んだり、
朝のうちに材料を切ったりしておく。

 

帰って焼くだけ、温めるだけの状態
にしておくとスムーズです。

 

あとは休日に常備菜を作る、
冷凍にするものに下味をつけてセットする
など準備をしておくのもオススメです。

 

 

掃除はサラッと

 

仕事の日に掃除機はかけられません。

 

シートタイプのもので簡単に拭き掃除して、
休日に掃除機で十分です。

 

私はトイレ掃除だけは毎朝していました。

 

お風呂掃除は最後に入った方が上がる前に
しておくというルールでやっていました。

 

 

育児編

 

子どもとの時間を大切に

 

忙しい中で、どれだけ子どもとの時間を
作れるかが工夫のしどころです。

 

これまでと違いママとの時間が短くなり、
子供も寂しい思いをしています。

 

特に保育園に入りたては寂しさや不安で
ぐずったりします。

 

ですから、子どもが起きている間は
家事を後回しにして一緒に遊んだりする時間にする。

 

一緒にいる時間が短くなっても、
この時間でたくさんの愛情を注いで
寂しい思いにさせないぞ!
という関わりが大切です。

 

 

お迎えは自分以外の力も

 

少し子供の体調が怪しい時は、
途中でお迎えがあるかもと夫や親に言っておく。

 

自分しか行けない時は、
朝から仕事のペースを上げてしていく。

 

 

私の子どもは保育園に入って、
0歳児さんの間は月に1回は風邪で
2~3日保育園をお休みする日々でした。

 

親にお願いしたり、
夫にも協力してもらっていました。

 

子供の体調に関しては予測も難しいので、
この時が一番頭を抱えていました。

 

職場にも理解してもらって何度も途中で
帰らせていただいていました。

 

その分、勤務中はできる限り仕事で
お返しできるよう頑張るしかないですよね。

 

 

まとめ

 

育児と仕事の両立をするのは大変です。

 

でも、その大変な中でも子供の成長を感じられ
楽しい日々でもあります。

 

ですから、
まずは子どもと過ごせる時間を大切にして、
家事は最低限できる工夫をしていくと
良いと思います。

 

せっかくの子どもとの時間に
イライラしたりしないよう、
夫にも協力してもらってくださいね。

スポンサードリンク

-出産・育児