産後の抜け毛は本当に戻る?いつまで続くの?対策はこれだ! | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

出産・育児

産後の抜け毛は本当に戻る?いつまで続くの?対策はこれ!

2016/12/22

産後ようやく落ち着いてきたところで
やってくる産後の抜け毛。

 

頭を洗うたびにごっそり抜けていく
髪の毛で排水溝が真っ黒になる毎日。

 

こんなに髪の毛が抜けて大丈夫なのか?
と不安に思っている方も多いです。

 

この抜け毛がいつまで続くの?
その対策はあるのかということをまとめました。

 

 

産後の抜け毛は本当に戻るの?

 

結論から言いますと、
大半の人が1年ほどで髪は戻ります。

 

私は2回出産していますが、
どちらの時もごっそり髪が抜けて抜けて(´Д` )

 

髪を洗った後に頭皮こんなに見える?
という位抜けました。

 

心配しましたが、1年後の仕事復帰の時には
短い髪の毛も多いですが髪全体のボリュームは
出産前と変わらない程度まで戻りました。

 

 

ただし、出産後1年以上経っても
全く抜け毛が止まらないようなら、
びまん性脱毛症という女性が発症しやすい
脱毛症になっている可能性があります。

 

びまん性脱毛症は
頭部全体が薄くなり、
髪自体も細く、
地肌が透けて見えてしまうような状態です。
(私は地肌が前髪をあげると地肌が見えるんじゃない?という状態でしたが
髪自体は細くはありませんでした)

 

びまん性脱毛症になると
自力での回復は難しいので、
医療機関に受診されることをお勧めします。

 

 

産後の抜け毛はいつまで続くの?

 

産後2か月頃から抜け毛が始まります。
産後3〜4か月頃に抜け毛ピーク期になります。
産後6〜7か月頃に抜け毛が落ち着きます。
産後1年頃には髪のボリュームが戻ります。

 

 

私は一人目も二人目も産後1か月後半頃から
髪のパサつきと頭皮の痒みを感じました。

 

そして産後2か月に
抜け毛が始まったなと思ったら
あっという間に抜けまくりの日々に入りました。

 

1か月ほどで毛髪が減ったなと
見てわかるようになりました。
部屋で普通に生活していても、
そこたらじゅうに私の髪の毛が落ちていました。

 

でもすごく抜ける時期は2か月ほどで
徐々に落ち着いて行きました。
大体半年ほどで、
短い髪の毛がたくさん生えてきて、
前髪がとっても残念なことになりました。

 

 

いつまでも抜け毛が続くものではないので、
心配にもなると思いますが気にせず
抜けていく髪たちの掃除に勤しみましょう。

 

 

産後の抜け毛対策は?

 

産後脱毛の原因

 

ホルモンの変化

 

出産を機に女性ホルモンのバランスが変化します。

 

女性ホルモンが増えると髪の毛が抜けにくくなります。

 

妊娠中は女性ホルモンが増えているので、
体毛が増えて毛深くなったという妊婦さんが結構いるんですね。

 

そして出産後は女性ホルモンが急激に減るので、
髪の毛が一気に抜けてしまうんです。

 

 

栄養バランス

 

産後は慣れない育児でバタバタしてしまい、
自分の食事を簡単に済ませてしまうということもありますよね。

 

栄養が髪まで行き届かずに、
抜け毛の原因になってしまうんです。

 

 

ストレス

 

慣れない育児でのストレスや、
夜に十分眠れないことへのストレス、
髪が抜けることでのストレス。

スポンサードリンク

 

産後にはたくさんのストレス要因があります。

 

ストレスは女性ホルモンの分泌を抑え、
自律神経を乱して代謝も悪くしてしまいます。

 

 

産後の抜け毛対策

 

髪に良い食事

 

髪の栄養の元は日々の食事です。

 

栄養素別にまとめます。
私もそうでしたが、
どうしても自分一人の食事になる
昼ごはんが一番手抜きになるので、
今回の髪に良い食品を積極的に昼ごはんにも
摂るようにされることをお勧めします。

 

 

たんぱく質

抜け毛が改善されるだけではなく、
丈夫で健康な髪の毛が作られて
コシやツヤも出やすくなります。

 

魚や肉や卵に含まれます。

 

 

カルシウム

カルシウムが不足すると髪の生成が
うまくいかなくなるので抜け毛の原因になります。

 

産後は特にカルシウムが不足しがちになるので
積極的に摂りたいものです。

 

牛乳やチーズ、小魚に多く含まれます。

 

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンンは
ホルモンバランスの乱れを整える効果があるので、
抜け毛の原因から改善してくれる効果があります。
また髪の毛の成長を促す効果もあります。

 

豆腐や豆乳なら手軽に摂取できるので、
毎日摂りたいものです。

 

 

亜鉛

たんぱく質とともに、
髪の毛を作り出すのに欠かせないものです。

 

牡蠣、レバー、たらこ、カシューナッツやアーモンドに多く含まれます。

 

アーモンドなら手軽に間食でつまめますね。

 

 

ビタミン

ビタミンには頭皮の環境を整え、
代謝を促すので髪が生えやすくなります。

 

豚肉、レバー、マグロ、ゴマ、納豆に多く含まれます。

 

 

ストレス対策

 

慣れない育児で、
抱っこばかりの時間があったり、
自分の時間がなかなか取れないことで
ストレスも溜まりやすい日々です。

 

夜泣きや頻回な授乳で
夜も睡眠不足になりやすいですよね。

 

赤ちゃん中心の生活になるので、
このような状況になるのは仕方ないことです。

 

ただ、赤ちゃんが寝ている時は
自分も体を休めたり、少しでも休息をとれるよう心がけましょう。

 

そうすることで自律神経のバランスも整えられ、
髪の発育も良くなります。

 

友人と会って話すことで
ストレス発散できる場合もあるので、
赤ちゃんの様子を見ながら
そういったストレス発散もしていきましょう。

 

 

頭皮のマッサージ

 

頭皮のマッサージは産後に限らず、
健康な髪の毛を促すのに効果的だとされています。

 

頭皮マッサージで血流を促進し、
頭髪全体に栄養を行き渡らせることで、
髪が丈夫になり抜けにくくなります。

 

方法は、入浴で温まったところで頭皮を
下から上に向かって両手の指の腹全体を使って、
円を描くように優しくマッサージします。

 

 

まとめ

 

産後の抜け毛はホルモンの変化やストレス、
食事が大きく影響しています。

 

たくさん抜けると不安になりますが、
抜け毛の時期が過ぎれば
生えてくるので気長に待ちましょう。

 

対策を行ってピタッと
抜け毛が止まるわけではありませんが、
良質な髪の毛が生えるよう頑張っていきましょう。

スポンサードリンク

-出産・育児