ママがインフルエンザ発症時の子どもの対策 予防方法は?保育園は? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

ママがインフルエンザ発症時の子どもの対策 予防方法は?保育園は?

2017/01/06

ママがインフルエンザにかかった時に、
子どもにうつったら大変です。

 

家庭内で子どもにうつさないように
しっかり対策をすること、
子供も予防行動をとることが大切です。

 

この対策をしっかり確認していきましょう。
そして、そんな時に
保育園は通わせても大丈夫なのか?
という事についてもまとめていきます。

 

 

ママがインフルエンザ発症時に子供にうつさない対策

マスク

 

これは絶対に必要です。
インフルエンザの感染で多いのが「飛沫感染」です。

 

ママが咳をした時にたくさんの
インフルエンザウイルスが飛び散ってしまいます。

 

それをしっかりマスクでガードして、
少しでも飛沫するウイルスを減らしましょう。

 

マスクの装着方法を自己流にしてしまうと
効果が減弱してしまうので、
購入時の箱に書いてある
装着方法をしっかり守ってください。

 

 

手洗い

これも感染対策の基本行動です。

 

無意識に口や鼻を触ると、
その手にインフルエンザウイルスを
たくさんつけた状態になっています。

 

その手で色々な場所を触ることで、
インフルエンザウイルスをばらまいてしまいます。

 

ですから、
こまめに手洗いをすることが大切です。
子どもと触れる前には必ず手洗いをしましょう。

 

 

もし食事を作らなければならない状況なら、
手袋装着をお勧めします。

 

食事を作るママの手にインフルエンザウイルスが
たくさん付いている状況は危険です。

 

ですからその予防のために手袋装着して、
調理中は手を自分に触れることが
ないように注意しましょう。

 

もちろん手袋を装着する前は
しっかり手洗いをします。

 

そして調理する時は加熱するようにしましょう。

 

インフルエンザは熱に弱いので、
生物は避けた方が良いです。

 

 

部屋を分ける

同じ室内で生活すると、かなり高確率で
インフルエンザに感染してしまいます。

 

もし周りに頼れる人がいるならお願いして
別室で過ごすのがベストです。

 

パパが帰宅した後は、
パパに全てお願いして別室で休むようにしましょう。

 

もし同室で休まなければならないようなら、
マスクを装着して就寝して子供から距離をおきましょう。

 

 

換気

寒いからといって
室内を閉め切ったままにしておくと、
部屋中にインフルエンザウイルスが充満しています。

 

この濃厚なインフルエンザウイルス環境のために、
家庭内で簡単にインフルエンザが
うつってしまうんです。

 

ですからこまめな換気をして、
インフルエンザウイルスを外に流し出していきましょう。

 

意識しないと換気は忘れがちになるので
時間を決めるといいですよ。

 

私は食事のたびに必ず窓をしっかり開けて
換気するようにしていました。

 

 

加湿

インフルエンザウイルスは乾燥していると
元気に動き回り、高温・多湿では威力は弱まります。

 

室内が気温20度以上、湿度50%になると
ウイルスの生存率は3〜5%にまで
落ち込むという報告もあります。

 

ですから加湿器でしっかり
室内の湿度を保つようにしましょう。

スポンサードリンク

 

洗濯物を干すのも効果はありますが、
湿度計で確認した方がいいと思います。

 

私は朝に洗濯物を干して
夕方にはエアコンの力でほぼ乾いていて、
湿度が40%台になっていたので注意してくださいね。

 

 

インフルエンザの予防法子供編

手洗い

子どもの手洗いは指先だけ、手のひらだけ、
など十分な手洗いができていない場合が多いです。

 

ですから手洗い中は見守って、
指先や爪の中、指の間もしっかりさせる必要があります。

 

でもママも体調が悪く見守れない時は、
市販のアルコール除菌シートで
拭いてあげることでも効果が得られます。

 

どちらの方法でも良いので、
しっかり清潔にしてあげることが大切です。

 

 

うがい

うがいは喉についたウイルスを洗い出します。

 

そして喉を潤すことでウイルスの活動力を
低下させる効果があります。

 

うがいは水より「紅茶」を使うと
より効果があるってご存知ですか?

 

紅茶エキスにはインフルエンザや
ロタ、ポリオなどのウイルス感染を予防して、
ウイルスの増殖を抑える効果があるという
研究報告もされています。

 

緑茶うがいも良いと耳にしますが、
紅茶の方が効果は強力です。

 

うがいが上手にできない子どもの場合は、
紅茶を飲むだけでも何もしないより
効果は得られるので是非実践してください。

 

 

マスク

マスクをしてウイルスの侵入を防ぐこと、
鼻や口の湿度を保つことで予防に効果的です。

 

ただ子どもの場合はサイズがしっかり
あっているものを選んでくださいね。

 

鼻や頬にしっかりフィットして
隙間のないようにしましょう。

 

 

予防接種

インフルエンザの予防接種は接種後2週間ほどで
抗体ができ、約1か月ほどで免疫が付きます。

 

ですから、ママがインフルエンザに
なったからと言って予防接種をしても
すぐには効果は得られません。

 

今後のために予
防接種をするのは効果的だと思うので

インフルエンザの予防接種は子供の場合、回数や間隔は?も参考にしてくださいね。

 

 

ママがインフルエンザの時は保育園はどうなる?

ママがインフルエンザになった時、
できるなら保育園に行って欲しいですよね。

 

でも保育園によって対応は違います。

・子供もママの解熱後3日たつまでお休みする

・ママの送迎以外で登園する

・送迎は保育園の外で保育士さんに出てきてもらい行う

 

私の子供の場合は、
「ママの送迎以外で登園しても良い」
と言っていただいて登園していました。

 

送迎は解熱後3日たつまで
控えてくださいと言われただけでした。

 

それぞれの保育園で対応が違うので、
まずは確認してみてください。

 

他の園児たちへ影響があるので、
必ず伝える必要はあります。

 

 

まとめ

インフルエンザの感染力は強いので、
感染させない対策、予防する対策の両方が必要です。

 

ママも辛いしうつしたくないので、
できるだけ保育園に行きたいですが、
まずは確認してみてください。

 

お子さんにインフルエンザがうつらないよう、
対策をしっかり行ってくださいね。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス