インフルエンザ予防で人混み対策や帰宅後に自宅ですること | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

インフルエンザ予防で人混み対策や帰宅後に自宅ですること

2017/01/07

インフルエンザ予防で人混みを避けることが
大切だということは知っていても、
避けられない時もあります。

 

では、人混みに行くときに
どういう事に注意が必要かご存知ですか?

 

今回はインフルエンザ流行期に
人混みに行ったときに注意するべきポイントや
対策についてまとめました。

 

 

インフルエンザ予防の人混みでの注意点

インフルエンザを予防するためにまずは、
どのようにしてインフルエンザに感染するのかを確認しましょう。

 

 

飛沫感染

 

インフルエンザに感染した人が
咳やくしゃみをした時の飛沫が空気中に浮遊し
それを吸い込む事によって感染します。

 

 

接触感染

 

インフルエンザウイルスが飛沫したもの
(手すりや椅子など)
に触れることでウイルスが手に付着します。

 

そのウイルスが付着した手で、
口や鼻を触ることでウイルスが侵入、感染します。

 

 

空気感染

 

インフルエンザウイルスの飛沫の水分が
蒸発・乾燥して、さらに小さな粒子になって
空気中を漂い、これを吸い込むことによって感染します。

 

インフルエンザの感染経路としては、
それほど重要ではないという意見が多いです。

 

 

 

では、人混みに行く時には
どんな感染経路に注意がいるのでしょう?

 

人混みに行くということは、
人口密度が高くなるということですね。

 

ですから、インフルエンザに感染していて
インフルエンザウイルスの
保菌状態の人がいる確率が高くなります。

 

そうなると、
「咳やくしゃみの飛沫を受ける危険性が高くなる」
「いたる所にインフルエンザウイルスが付着している可能性が高い」
ということです。

 

この認識を持ってしっかり対策をしていきましょう。

 

 

人混みでのインフルエンザ対策

人混みではインフルエンザウイルスを
「侵入させない」「防御力を高める」ことが大切です。

 

マスク、メガネ装着

マスクはインフルエンザ予防の基本ですよね。

 

マスクはつけ方で効果が全く違ってくるので
鼻や頬に隙間ができないよう適切に装着しましょう。

 

そして意外かもしれませんが、
インフルエンザウイルスは目の粘膜を介しても感染するんです。

 

ですから、人混みでは飛沫を受けないよう
メガネをかけると効果的です。

スポンサードリンク

 

 

人との距離を保つ

これが人混みではなかなか難しいんです。

 

インフルエンザウイルスは
咳やくしゃみをすると1〜2mほど浮遊します。

 

ですから特に咳などしている人を見かけたら、
2m以上は距離をとるようにしましょう。

 

 

のど飴を舐める

インフルエンザウイルスや細菌の
防御機能を高めるには、
唾液がとても大きな役割をしています。

 

その他にも唾液には抗菌作用もあり、
インフルエンザを撃退してくれる役割も期待できます。

 

ですからのど飴をこまめに舐めて唾液を分泌しましょう。

 

 

除菌シート、除菌ジェルを使う

人混みではいたるところに
インフルエンザウイルスが付着していると思って対策しましょう。

 

もし自分の鼻をかみたくなったら?
お茶を飲みたくなったら?
飴を舐めたくなったら?
鼻や口元に手を持っていく時には必ず、
除菌シートや除菌ジェルを使って
しっかり手の消毒をしましょう。

 

 

インフルエンザ予防で帰宅後に自宅ですること

人混みから帰ってきて、まずすることは
「インフルエンザウイルスを除去する」ことです。

 

手洗い・うがい

インフルエンザ対策の基本ですね。

 

手洗いは石鹸を使って、
指先や指の間の洗い残しがないように
しっかり洗いましょう。

 

サッと流す程度では
インフルエンザウイルスは残っていますからね。

 

うがいも手洗いと一緒にしましょう。

 

インフルエンザ予防効果の高い
「紅茶」や「緑茶」を取り入れるのもオススメです。

 

 

服の消毒

外出中に来ていた服の表面にも
インフルエンザウイルスが付着している可能性があります。

 

服についたインフルエンザウイルスは
8〜12時間生存します。
長ければ48時間生存することもあるそうです。

 

コートはウイルスが付着している可能性が
とても高いですが、洗濯は毎日できません。

 

ですからアルコールスプレーで除菌するのが効果的です。

 

アルコールスプレーがない場合は、
風通しが良く湿度50%以上の場所で干しておきましょう。

 

 

まとめ

人混みでのインフルエンザ対策は、
人との距離を保ち、触れるものの多くに
インフルエンザウイルスが潜んでいるという
危機管理が必要です。

 

やむを得ず人混みに外出されるときは、
対策を十分に行ってくださいね。

 

インフルエンザに感染しませんように。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス