母の日は花束とアレンジメントどっち喜ぶ?長持ちする種類や相場は?  | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

イベント

母の日は花束とアレンジメントどっち喜ぶ?長持ちする種類や相場は? 

2017/02/23


今年の母の日は花を贈りましょう!

 

贈るお母さんには
「花束」「アレンジメント」どっちが向いているのかな?

日持ちして長く楽しめる花はどんな種類があるのかな?

 

花ってなかなか買う機会もないから、
どう選んだらいいか悩みますよね。

 

せっかくですから喜んでくれる花を選んで
長く楽しんでもらいましょう。

 

 

スポンサードリンク

母の日に贈るなら花束かアレンジメントどっち?

母の日に贈る花は
「花束」と「アレンジメント」のどっちが嬉しいのか悩みますよね。

 

それぞにメリット、デメリットがあります。

 

 

花束を贈るなら

花束は手渡しで贈る時にとっても映えるのが魅力です。

 

ブーケスタイルの可愛らしいものから、
長さのある花でボリュームを出したもの。

手渡してもらう時にとても映えますし、喜ばれます。

 

お花が好きな人なら、
花瓶に飾る時に自由に飾ることができます。

 

花束なら
自分で好きなように分けて何箇所かで飾ったり、
サイズを変えて雰囲気を変えたりなど
自分でアレンジがききます。

 

ただ、花束の場合は必ず花瓶がいるので、
ちょうど良いサイズの花瓶がないと
少し不格好になってしまう事があります。

 

ですから
「花が好き」「花を自分でアレンジしたい」
というお母さんにオススメです。
こちらも合わせてお読みください(^ ^)
花束の持ち運びが長時間でも花が枯れない方法は?袋で運ぶ注意点

アレンジメントを贈るなら

母の日に人気があるのは「アレンジメント」です。

 

アレンジメントというのは、
緑色のスポンジ(オアシス)に花を挿して
アレンジしているものの事です。

 

アレンジメントの魅力はそのまま飾れる事です。

玄関などにドーンと飾るだけで華やかですね。

 

水換えではなく、水を差していくものなので
手間もあまりかかりません。

 

ただ、花を楽しみ終えた後で
カゴなどのゴミが出てしまいます。

 

あと、かすみ草などの細かい花は
アレンジメントには向かないので、贈りたい場合は花束ですね。

 

「忙しい」「花の手入れが苦手」というお母さんにはオススメです。

 

 

鉢植えを贈るなら

「花が大好き」「ガーデニングが趣味」
というお母さんなら、
鉢植えを贈るのも良いと思います。

鉢植えの魅力は、お手入れを欠かさず行えば
翌年以降も楽しめることです。

 

ただ、そこまで花が好きではない場合だと
手入れが難しいと感じたり、
楽しんだ後の処分に困ったりします。

 

スポンサードリンク

贈る花で長持ちする種類は?

*カーネーション

母の日の定番ですね。

硬い蕾や枯れた花は摘み取った方が長持ちします。

 

赤いカーネーションは
「母への愛」という意味を持ちます。

 

その他の色は「尊敬」などいろいろありますが、
黄色いカーネーションは「軽蔑」という
意味になるので注意してくださいね。

 

 

*バラ

茎の先端を切りながら管理すると長い期間楽しめる花です。

バラは品種もたくさんありますし、
花束の主役になるとても華やかな花です。

 

 

*ゆり

ゆりは水揚げがよく、長持ちします。

花が開いたときに
花粉の部分を取り除くことが長持ちのコツです。

ゆりは大きな花がとても華やかな印象になります。

 

 

*トルコキキョウ

長く楽しめる花です。

1本の茎に花がたくさん付いていて、
開花するととてもゴージャスで人気のある花です。

ただ蕾のまま開かないことがるので、
できるだけ咲いているものを選んだ方がいいです。

 

 

*ガーベラ

可愛らしいお花で、種類によって
花の咲き方や大きさも違って楽しめます。

茎に葉っぱがないので切り花に向いています。

ただ茎が傷みやすいので、
花瓶での管理は少し注意が必要です。

 

 

*かすみ草

長く楽しめます。

小さな花がたくさん付いているので、
花束にボリュームが出て華やかになります。

女性に人気の花です。

 

 

花束とアレンジメントそれぞれの相場は?

どちらも3000円くらい出せば、
見栄えする素敵なものができます。

同じ値段の花束とアレンジメントを比べると、
アレンジメントの方が資材(オアシスやかごなど)
の分があるので割高になってしまいます。

 

ですから、
大きさで華やかに見せたい思ったら
花束は花を切り詰める事なく作る事ができます。

 

それに対してアレンジメントは、
多くの場合短く切り詰めて作るので
コンパクトなものになります。

 

アレンジメントで大きさも求めるとなると
4000〜5000円位が相場になってきます。

 

あとはお花屋さんに予算や希望を伝えて相談ですね。

 

 

まとめ

母の日に贈るお母さんに合わせて、
花束かアレンジメントどちらがいいか検討してくださいね。

できるだけ長く楽しんでもらえるようなお花を選んでプレゼントしましょう!

スポンサードリンク

-イベント
-,