花粉症の体質改善を食事で!外食の選び方やコンビニで添加物少ないもの | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

花粉症の体質改善を食事で!外食の選び方やコンビニで添加物少ないもの

 

花粉症の症状で辛い思いをしている方は

マスクやメガネ、内服をして
対策をされていると思います。

 

でも、いつまでもこのまま花粉の時期に辛い思いをしたくないですよね。

 

そこで花粉症の体質改善のために
食事を見直して辛い症状を少しでも緩和しましょう。

 

でも忙しい方はどうしても
コンビニや外食に頼りがちですよね。

 

そんな時はどんなものを選ぶと良いか
という事もご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

花粉症の体質改善には食事を見直そう

花粉症患者は年々増加傾向にあります。

花粉時期には街中にマスクをしている人がたくさんいます。

最近では小さなお子さんでも
花粉症を発症することも稀ではありません。
花粉症患者が増えた原因の一つに、
「食生活の変化」があります。

 

食生活の欧米化で、
脂質・動物性たんぱく質の摂取量が増えていることや、
アレルギー疾患の原因にもなる
食品添加物の摂取量が増えていることが関係しています。

 

このような食生活を見直して、
花粉症に負けない体質に改善することが大切です。

 

 

花粉症の体質改善するための食事

・高タンパク食品(卵、牛乳、大豆、肉など)を摂りすぎない

・薄味で野菜を中心とした和食を心がける

・インスタント食品や加工食品は控える

・タバコや刺激の強い香辛料は控える

・症状を強める食品(油脂、砂糖、冷たいものなど)は避ける

 

 

外食での食事の選び方は?

忙しい時はどうしても外食も多くなりがちです。

自炊と違い外食の場合は、
「野菜が不足しがち」
「食品添加物が多い」
「塩分が高い」
「油ものが多い」
ということが気になるところだと思います。

 

まさにこれらが体質改善の敵となるんです。

 

 

 

「野菜が不足しがち」

食事の基本は栄養のバランスです。

 

牛丼などの単品ものではどうしても
野菜が不足してしまいます。

 

ですからできるだけ煮魚定食などの
主食・副菜・汁物でバランスのとれた食事を
選ぶようにしましょう。

 

もし単品ものを食べる時は
サラダをつけるなどして、積極的に野菜を摂るようにしましょう。

 

 

 

「食品添加物が多い」「塩分が高い」

食品添加物は加工品などに多く含まれます。

 

食品添加物を食べることで腸内細菌が減少し免疫力が低下してしまいます。

 

その結果、花粉症などのアレルギーや
その他の疾患を起こしてしまう可能性があるというわけです。

 

ですから、できるだけ素材そのものから
作られたものを選ぶようにしましょう。

 

そのお店で作っているものなら良いのですが、
外部で作ったものを揚げたり焼いて
出しているものは避けた方が良いです。

 

ファストフードは塩分も高く、
食品添加物も多く含まれるのでやめましょう。

 

 

 

「油ものが多い」

油ものは美味しいですし、体にも適量は必要です。

 

でも摂りすぎは良くありません。

 

食用油のほとんどがリノール酸を多く含んでいます。

 

リノール酸は花粉症などのアレルギーの原因となる物質です。

 

ですからできるだけ揚げ物は避け、
中華など油を多く使う炒め物はやめましょう。

 

コンビニで添加物が少ないものは?

コンビニは手軽に行けて、
美味しいものもたくさんあり魅力的です。

 

でもコンビニに置かれている
加工食品の多くには、
食品添加物が使用されています。

 

先ほどもお話しましたが、
食品添加物は花粉症の敵なので、
できるだけ少ないものを選ぶようにしましょう。

 

 

・「菓子パン」より「おにぎり」

菓子パンにはマーガリンや植物性油脂が多く含まれます。

 

これらはトランス脂肪酸が含まれています。

 

トランス脂肪酸は花粉症や
アレルギーなど他の疾患の原因となる物質で、
アメリカでは使用禁止されているものです。

 

食品添加物も多く含んでいるので、
菓子パンは避けましょう。

 

おにぎりを選ぶときは
「たらこ」「明太子」は
添加物が多く含まれるので避けましょう。

 

サンドイッチはハムやトンカツなどは
添加物が多いので、
野菜サンドなどを選ぶようにしましょう。

 

 

 

・お弁当の選び方

添加物が多いので、できるだけ避けたいものです。

 

もし選ぶときは、
使用した食材や添加物が記載されている
「原材料」を確認してください。

 

添加物が多く入っている製品は、
原材料表記にビーッシリ書かれています。

 

できるだけ表記の少ないものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

・カップ麺の選び方

カップ麺も添加物が多く含まれています。

 

中でも「揚げ麺」のタイプは、
麺が油で揚げられているので
リノール酸も摂取過剰になってしまうので避けましょう。

 

 

 

・野菜を摂る

コンビニで食事をすませると、
どうしても野菜の摂取量が不足してしまいます。

 

ですからサラダや野菜スープなども
一緒に食べるようにして、
栄養のバランスも考えるようにしましょう。

 

 

まとめ

花粉症の体質改善で食生活の見直す時に、
外食やコンビニ食はどうしても添加物が多く避けたいものばかりです。

 

でも、自炊できない時は上手に選んで、
食生活の改善に取り組んでいきましょう。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-,