赤ちゃんの日焼け止めにシアバターは効果ある?手作りレシピもご紹介 | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

赤ちゃんの日焼け止めにシアバターは効果ある?手作りレシピもご紹介

2017/04/26


春になるとお天気も良くなり、
お散歩にも行きたくなりますね。

 

でも気になるのが紫外線ではないでしょうか?

 

お肌がデリケートな赤ちゃんを守る日焼け止めは、
選び方によっては刺激が強すぎることもあります。

 

そこで今回は天然の油脂であるシアバターを使った日焼け止めについてまとめました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け止めにシアバター

赤ちゃんのお肌はまだ未熟でとってもデリケートです。

紫外線の影響や日焼け対策が必要なのはわかっていても、
赤ちゃんの肌に日焼け止めを塗っても大丈夫かな・・
という不安もありますよね。

 

紫外線吸収剤不使用、
石油系界面活性剤不使用のものが良い
と言われています。

 

でも、それ以外でも
他に書いてある成分が一体何を意味するものかも
わからないから不安も残りますよね。

 

そんな方にオススメが「シアバター」です。

 

 

シアバターって?

シアバターとはシアの木の実から抽出される、
こってりとしたクリーム状の油脂です。

シアバターは天然のUVケア効果や保湿効果があります。

植物がもつナチュラルな日焼け止めの効果なので、
市販の日焼け止めのように
紫外線A波、B波どちらもブロックするほどの
効果はありません。

 

シアバターで効果があるのは紫外線B波のみです。

SPF3〜6程度で、
サンバーン(日焼けの後で肌が赤くヒリヒリする)を
少し防いでくれるという程度です。

 

 

シアバターの日焼け止めは効果は?

シアバターは紫外線B波を緩やかに防いでくれます。

ですから、紫外線の強い時間を避け、
帽子や日よけなどで紫外線対策をした上で
補助的に使用するのが効果的だと思います。

 

ただシアバターだけで
昼間の紫外線に立ち向かうのは厳しいです。

 

そこでシアバターに、
日焼け止め成分で安全と言われる紫外線反射材の
「二酸化チタン」と「酸化亜鉛」を加えることで
紫外線のブロック効果を高めることができるんです。

 

簡単に言うと、
二酸化チタンが紫外線B波を、
酸化亜鉛が紫外線A波を
ブロックするものです。

 

ですから、SPFの度数は
「二酸化チタン」の量で調整できます。

 

二酸化チタンの分量が全体の
2%(SPF2〜5)
5%(SPF7〜12)
10%(SPF18〜24)

 

二酸化チタンや酸化亜鉛のコーティング材が
シリコンでなければ
石鹸でも簡単に落とせるので安心です。

 

 

シアバターの日焼け止めとしての効果は
弱いですが、自分で紫外線反射材を加えて
手作り日焼け止めを作れば、
赤ちゃんのお肌に優しいものができますよ!


スポンサードリンク

 

シアバターの日焼け止めを手作りしましょう

材料(30g分量)

・シアバター  15g

・キャリアオイル(ホホバオイルやココナッツオイル)   15g

・酸化亜鉛、二酸化チタン  適量(作りたいSPF値に合わせて)

・精油    5〜6滴

 

 

ここで材料について少し説明をしますね。

・シアバター

シアバターには精製のものと
未精製のものがあります。

精製されたものの方が匂いもありませんし、
不純物などの刺激とあるものも
除外されているのでオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ACO認定 オーガニック・精製シアバター100g【メール便 送料無料】
価格:864円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)

 

 

 

・キャリアオイル(植物湯)

キャリアオイル自体にも日焼け止め効果があります。

ホホバオイルやココナッツオイル、
オリーブオイルなどはSPF6〜7あると言われています。

 

 

 

・酸化亜鉛、二酸化チタン

先ほどもお話ししたように、
二酸化チタンの量でSPF値が変わってきます。

自分で作りたいSPFに合わせて、
混ぜる分量を決めるとと良いと思います。

 

 

・精油(エッセンシャルオイル)

精油にも日焼け止め効果があります。

精油を入れることで、
肌を鎮静させたり、保湿する効果があります。

オススメはペパーミントやラベンダーです。

ただし柑橘系(レモンやオレンジ)は
光毒性(紫外線を受けると炎症など引き起こす)が
あるので避けましょう。

 

 

 

作り方

1.シアバターをよく練って柔らかくします。

2.キャリアオイルを混ぜよく混ぜ合わせます。

3.酸化亜鉛、二酸化チタン、精油を加えます。

4.温度が下がってきたら容器に移します。

 

 

*保存は冷蔵庫で行えば1か月前後は持ちます。

*使用前はパッチテストを行いましょう

 

 

まとめ

年々紫外線が強くなってきていて、
赤ちゃんの紫外線対策もとても重要です。

 

天然のUVケア効果のあるシアバターを使い、
さらに自分で紫外線反射材を配合して
手作り日焼け止めを作れば、
お肌に優しく安全な日焼け止めができますよ。

 

ぜひお試しくださいね。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-,