大学入学祝いの内祝いのマナー 高額な場合は?お返しはいつまで? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

イベント

大学入学祝いの内祝いのマナー 高額な場合は?お返しはいつまで?


お子さんの大学ご入学おめでとうございます。

入学が決まってホッと一息ですね。

そうこうしていると、
祖父母や親戚から入学祝いを頂いて、
お返しはどうしようと悩ましいものです。

大学入学となるとお祝いの額も高額だったりしますしね。

 

今回は大学の入学祝いを頂いた時の
お返しのマナーを始め、
高額な方へのお返しについてもまとめした。

 

スポンサードリンク

 

大学の入学祝いの内祝いとは

「入学祝い」はお子さんが勉学に励めるよう
援助すると言う意味が込められています。

 

ですから、お子さんへのお祝いには
お返し(内祝い)は不要とし、
お礼や挨拶だけで済ませている地域もあるようです。

 

でも、
「お祝いを頂いて何もしないのは気がひける」
という親心もあって、
最近ではお返しする家庭が多くなっています。

 

「内祝い」は本来はお返しではなく、
「お祝い事の喜びを分かち合う」ための贈り物なので、
お配りしても失礼には当たりませんよね。

 

 

大学の入学祝いを頂いたら?

親としてお礼を伝えるのはもちろんですが、
お子さんからも直接頂いたお礼を伝えるようにしましょう。

もしその場に不在でも、
当日か遅くても翌々日までには
電話でお礼を言うようにしましょう。

その際に、大学ではどんなことを
学んでいきたいかなど伝えるといいですね。

 

入学祝いのお返しの相場は?

お祝いを頂いた額の、
3分の1から半分程度と言われています。

 

入学祝いのお返しでは
赤飯や紅白饅頭などの縁起の良い品を
贈る家庭が多いようです。

 

 

入学祝いの内祝いの熨斗は?

入学祝いは
「何度あってもおめでたいお祝い」なので、
何度も結びなおせる
「蝶結び」の水引がついたのしを使いましょう。

 

 

表書きの上側は
「入学内祝い」か「内祝」と書き入れます。

 

下側はお子さんのお名前を書き入れます。

小学校や中学校くらいまでは
お子さんの下の名前のみにする方が多いですが、
高校や大学入学では
お子さんのフルネームを入れると良いと思います。

 

 

内祝いの場合は多くの地域で
包装紙の内側にかける「内のし」が一般的です。


スポンサードリンク

 

入学祝いが高額な場合のお返しは?

大学の入学祝いとなると、
お祝いの金額が高額になる場合がありますよね。

とてもありがたいことですが、
お返しとなると難しいですよね。

 

 

両親からの高額な入学祝いのお返しは?

祖父母は大学となると、
10万円以上のお祝いを包んで下さる
という家庭もありますよね。

祖父母にとっては、
今まで見守ってきた可愛い孫の成長を
感じられる大切なイベントです。

 

入学の内祝いで、
あまり力を入れすぎると(金額をかけすぎると)
「お返しにお金をかけずに孫のために使って」
と遠慮させてしまいかねません。

ですから、入学式の写真や
これまでの成長がわかるものを贈ったり、
お子さんと一緒に食事の場を設けるなどがオススメです。

 

 

親戚からの高額な入学祝いのお返しは?

先ほどの祖父母からのお祝いの時より
難しいのが親戚から頂いた場合だと思います。

 

とても近い親戚で、
頻繁にお会いして成長を見守ってくれている
親戚の場合なら
祖父母にお返しするのと
同じ考えで良いと思います。

 

ただ、何かの節目で顔を合わせる程度の
親戚の方の場合だと、
こちらの感謝の気持ちが伝わるような
お返しが必要になってきます。

 

お返しの相場は一般的には
3分の1から半分だと言われていますが、
10万、20万円と高額な場合は
3〜5万円程度のお返しで十分です。

 

あまり高額なお返しは
不躾にもなりかねません。

 

そして、お返しする品物ですが、
商品券やギフトカードは
金額が直接的になってしまうので
全額商品券にするのは控えたいものです。

 

オススメはカタログギフトと商品券を
合わせてお返しするという方法です。

 

高額なカタログギフトだけでお返しすると、
選ぶものが一点豪華すぎて・・・
ということもあります。

 

そして高額なカタログでは
旅行などの選択肢がありますが、
相手が旅行したいかどうかもわかりませんしね。

 

ですから、3万円分のお返しをしたいなら
2万円分の商品券と1万円分のカタログギフトにする。

こういった組み合わせは、もらう相手にも喜ばれると思います。

入学祝いのお返しはいつまでにするもの?

入学のお祝いは入学式前までに贈るものなので、
早めにいただくことも多いと思います。

 

お返しも早くしなくちゃと思うかもしれませんが、
入学内祝いは一般的には入学式の後にお贈りするものです

 

と言っても、あまり日を空けないよう
入学式から2週間以内、遅くても1ヶ月以内を目安にしましょう。

 

この時、お子さんも一緒に直接訪問しましょう。

 

もし遠方などで直接の訪問が難しい場合は、
お子さんの直筆のお礼状を添えて贈ると良いですよ。

 

気持ちも伝わりますしね。

 

 

まとめ

入学祝いのお返しは、
頂いた額の3分の1から半分を目安に
入学式から2週間以内にお贈りするようにしましょう。

 

お祝いが高額な場合は、
相手に応じて返し方も考慮しましょう。

 

お返しするのは「お子さん」なので、
お子さんが相手に直接お礼を伝えるようにしましょう!

スポンサードリンク

-イベント
-,