コートは毎年クリーニングが必要?自宅で洗濯する方法は? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

コートは毎年クリーニングが必要?自宅で洗濯する方法は?

春になり暖かい日も増えてきたら
冬物コートの出番は終わりですね。

 

衣替えでコートを片付ける時に、
それほど着ていないコートも
クリーニングしなきゃいけないの?
と思いますよね。

 

コートはクリーニング代もかかりますし、
もし自宅でできるものなら出費もおさえられます。

 

今回は冬物コートの洗濯方法についてまとめました。

 

 

スポンサードリンク

コートは毎年クリーニングするもの?

その年に一度も袖を通していないものは、
陰干しをしておけばクリーニングは必要ありません。

 

でも一度でも着用したものは、
そんなに汗をかいていないと思っていても
意外と脇や背中に汗をかいていることもあります。

 

女性なら首回りにファンデーションがついていたり。

 

そういったちょっとした汚れを放置してしまうと、
保管している間に
シミや黄ばみになってしまったり、
虫食いやカビの被害に遭ってしまうことがあります。

 

ですから、一度でも着用したものは
クリーニングに出すか、
自宅で洗濯した方が長く綺麗に着られます。

 

 

コートは自宅で洗濯できる?

コートの洗濯表示の多くは
ドライマークが描かれていると思います。

 

でも、水洗い可の洗濯表示があれば
素材が可能なものかを確認すれば大丈夫です。

 

 

自宅であらえる生地

 

・ウール(毛)

・ナイロン

・アクリル

・麻

・ポリウレタン

・ダウン

 

これらは自宅で洗濯できます。

 

ただウール(毛)は、
とても縮みやすいものなので注意が必要です

 

手洗いで優しく洗うのが基本ですが、
それでも縮む可能性はあります。

 

ちょっとくらい縮んでもいい!
というものでない場合は
クリーニングに出すことをお勧めします。

 

 

自宅で洗えない生地

 

・絹(シルク)

・皮、毛皮製品

・レーヨン

・キュプラ

 

これ以外にも装飾が多いものや、
シワ・エンボス加工したもの、
毛だおれするもの(ベルベットなどの生地)は
自分で洗うのは難しいです。

 

 

色落ちチェック

色落ちの強いものは自宅で洗うと、
洗濯後に残念なことになるので
事前にチェツクしましょう。

 

おしゃれ着洗剤(エマールやアクロン)を
コートの目立たない場所につけて、
白いタオルや綿棒などで押さえて
色落ちしていないか確認しましょう。

 


スポンサードリンク

コートを自分で洗濯する方法

洗剤はおしゃれ着洗剤(中性洗剤)を使用します。

 

洗濯機で洗うと生地が傷んで毛玉ができたり、
型崩れする可能生があるので
できれば手洗いがオススメです。

 

 

①洗剤で洗う

手洗い方法

コートがしっかり浸かるような浴槽などに、
水(30度くらい)をためて、
おしゃれ着洗剤を指示通りの量入れます。

 

30〜40回押し洗いをします。

 

もし浴槽でするなら、
足で踏んで押し洗いできるので楽チンですよ。

 

水を捨てて、綺麗な水に変えて
すすぎ洗いをします。

 

これを繰り返して
水が濁らなくなるまで2〜3回行います。

 

浴槽の淵に1時間ほどかけておくと、
ある程度の水分が取れます。

 

 

 

洗濯機での方法

洗濯機でも使う洗剤はおしゃれ着洗剤です。

 

毛玉防止のためにコートを裏返し、
洗濯ネットに折りたたむようにして入れます

 

手洗いコースや優しいモードなどで洗濯します。

 

 

 

②脱水する

脱水は1分程でさっとします。

 

 

 

③干す

脱水が終わったら、
洗濯じわを防ぐためにすぐに取り出します。

 

出したコートを手で軽く叩くか、
両肩を持って振ってシワを伸ばして形を整えます。

 

この段階でシワを伸ばせるだけ
しっかり伸ばしておくのがポイントです。

 

ハンガーは厚手のものを準備します。

 

もし細めのものしかない場合は、
ハンガーにタオルを巻き付けるなどして
厚みを出しましょう。

 

ハンガーにかけ、
もう一度形を整え陰干しをします。

 

 

まとめ

コートのホームクリーニング方法をまとめました。

 

縮んだり色落ちしたりする可能性がありますので、
そこはご理解の上でお願いしますね。

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-,