母の日のメッセージカード義母宛例文 メールで済ませてもいいの? | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

イベント

母の日のメッセージカード義母宛例文 メールで済ませてもいいの?


5月の第2日曜日は「母の日」ですね。

嫁としては義母への母の日のプレゼントは毎年悩みますよね。

プレゼントに添えるメッセージカードを
書こうにも手が止まってしまったり。

 

今回は義母へ母の日のメッセージカードを書く時の
注意点や例文をご紹介します。

 

スポンサードリンク

母の日のメッセージカードを義母へ送る時の注意点

母の日は
「日頃の母の苦労を労り、感謝の気持ちを伝える日」ですよね。

 

義母に贈るときも、
夫も自分も感謝しているという事を
カードや手紙に書いて渡すと、
しっかり気持ちが伝わって
お嫁さんポイントが上がるかも。

 

というか、結婚したらこういう行事を
大切にしないと嫁の立場が・・・
という家庭もありますよね。

 

メッセージまで必要かな?
とも思うかもしれませんが、
直接渡して言葉で伝えられる人でないなら
カードを添える方が喜んでくれますよ!

 

女性は言葉で伝えて欲しいものですからね^ - ^

 

 

義母宛のメッセージカードを書く時のコツ

カードは手書きで
字が綺麗かどうかは関係なく、
手書きのカードの方が親近感もあって気持ちも伝わります。

 

 

「お義母さん」ではなく「おかあさん」と書く
お義母さんでは少し関係性が
よそよそしくなってしまいます。

「お母さん」と書くのに抵抗があるなら、ひらがなで。

 

 

夫婦連名で書く
メツセージカードの中で旦那(息子)のことは、
「〇〇さん」と書きましょう。

 

普段から家族の中での愛称があればいいですが、
そうでなければ〇〇さんが一番しっくりきます。

 

そして全てお嫁さんが準備したとしても、
カードの締めは夫婦連名にしましょう。

 

しっかり夫(息子)を立てておくといいですよ。

 

 

書く内容は?

あまり堅く考えず、
素直に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

日頃お世話になっている事や、
実際のエピドードなんかを盛り込むといいですね。

 

 

例えば

近くに住んでいる場合は

・食事に招いてくれる

・料理を教えてもらった

・子供(孫)の面倒を見てくれる

・どこかに家族で一緒にお出かけした

 

離れて暮らしている場合は

・食品など送ってくれる

・子供(孫)におもちゃや服をくれる

・お正月に会った時のこと

 

 

子供(孫)がいるときは、
成長の様子などが伝わるような
エピソードを加えましょう。

 

孫はとっても可愛いですから、
様子がわかると嬉しいものです。
写真をつけるのもオススメです!

 

 

こんな感じで思い返してみて、
実際にお世話になっていることをこの機会に
しっかり感謝して伝えるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

義母への母の日のメッセージカード例文

例文1
お母さんへ
いつも気にかけていただき、あリがとうございます。
ささやかですが、〇〇さん(夫)と一緒に母の日のプレゼントを選びました。
気に入ってもらえると嬉しいです。
また会いに行くのを楽しみにしています。

 

 

例文2
お母さんへ
いつも気にかけていただき、ありがとうございます。
感謝の気持ちを込めて、〇〇さん(夫)と一緒に選びました。
これからもお母さんの経験を伺うこともあると思いますが、
その時はよろしくお願いします。
また遊びに行きます。

 

 

例文3
お母さんへ
いつも細やかなお心遣いありがとうございます。
〇〇(子供)の面倒もたくさん見ていただいて、とても感謝してます。
〇〇(子供)もいつもお母さんに遊んでもらったことを嬉しそうに話してくれます。
これからもよろしくお願いします。

 

 

母の日に義母へメールだけで済ませてもいいの?

感謝の気持ちを伝える時は、
メールより手書きのカードや手紙の方が良いと思います。

 

初めて贈るときは特に
手書きのメッセージカードを贈りたいものです。

 

母の日の贈り物を直接渡すなら
メッセージカードがなくても言葉で伝えられますが、
ネットなどで購入して郵送するとなると
贈り物だけが届いておしまいというのは寂しいものです。

 

もしメールでお義母さんに母
の日の感謝の気持ちを伝える時は、
メッセージカードを贈るときと同じように、
自分の素直な気持ちが伝わるようにしましょう。

 

そして一言、
「直接伝えたかったのですが、メールで失礼します」
という事も付け加えておくと良いと思います。

 

普段から携帯やパソコンで
メールを使うお義母さんなら、
テンプレートで少し華やかなものを使うのも
意外性があって喜ばれますよ!

 

 

少し上の世代の方では、
メールで大切なことを伝えるということに
慣れていない場合もありますから
失礼にならないように注意しましょう。

 

 

まとめ

母の日のメッセージはできるだけ手書きで、
感謝の気持ちが伝わるように書きましょう。

 

メールの場合でも他人行儀な感じに
ならないよう気をつけましょう。

 

素敵な母の日になりますように!

スポンサードリンク

-イベント
-