春秋の掛け布団におすすめな毛布や肌布団の選び方 | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

春秋の掛け布団におすすめな毛布や肌布団の選び方

少し暖かくなってくると、
寝る時の布団をどうしようかと悩ましいものです。

 

寝る時は暖かいけど、
朝方は少し肌寒いんですよね。

 

そんな時にちょうどいい感じの布団って
何なんだろうということについてまとめました。

 

スポンサードリンク

春や秋の掛け布団のおすすめは?

夏や冬と比べて、
春秋は毎日の気温の変化が大きかったり、
布団の調整がなかなか難しい季節ですよね。

 

寝付く時は丁度良くても、
暑くて目が覚めたり、朝方寒くて目が覚めたり。

 

冬用の羽毛布団と夏用のタオルケットの中間が必要なんですよね。

 

 

 

冬用の羽毛布団より少し薄めの
「合い掛け布団」というものがあります。

 

合い掛け布団があれば、
これ1枚で春先のまだ少し肌寒いときはバッチリです。

 

 

合い掛け布団でも少し暑くなってきたら、
さらに薄めの肌掛け布団を使います。

 

 

 

でも、布団って収納場所も必要だし、
洗濯とかも面倒じゃありませんか?

 

そんなときは「合い掛け布団」は買わず、
「肌布団」をベースにして、
少し肌寒かったら綿毛布やタオルケットを追加する
という調整方法が便利ですよ。

 

 

二枚合わせ布団は便利?

二枚合わせ布団とは、先ほどお話しした
「合い掛け布団」と「肌掛け布団」を2枚合わせたものです。

 

時期によって離して使えて便利です。

 

これなら、収納場所もそれほど取りません。

 

 

ただ二枚合わせ布団にもデメリットはあります。

・冬用の羽毛布団に比べると保温力が劣る。

・生地が2倍にあるので、合わせて使うときに少し重くなる。

・冬用の羽毛布団より、少し割高。

・2枚合わせているのが、動くとずれることがある。

 

少数意見ですが、合わせたり外したりするのが
面倒だから外さなくなる・・・
という意見もありました。


スポンサードリンク

春や秋の掛け布団におすすめの綿毛布

綿毛布ってお持ちですか?

 

綿毛布って1年中使えて、
とっても万能品なんです。

 

使い勝手がよくて、
掛け心地も良いと人気です。

 

冬場は羽毛布団の上にかけて使うこともできるし、
春秋はこれ1枚で使います。

 

春先で少し肌寒かったら、
綿毛布と肌布団かタオルケットを
組み合わせればバッチリです!

 

夏もクーラーがかかっているときに、
お腹や足元を冷やしたくない時に使ったり。

 

本当にオールシーズン活躍してくれるものです。

 

 

吸湿性、保温性に優れていて、
洗濯を繰り返しても固くなりにくく丈夫です。

 

ただ温かさではウールやアクリルには負けてしまいますが、
羽毛と組み合わせたりすることで幅広く使えます。

 

 

おすすめな肌布団の選び方

肌掛けぶとんも寒さに応じて
調整しやすい万能アイテムです。

 

春秋などの季節の変わり目に
1枚で使うのはもちろん、
綿毛布やタオルケットと組み合わせて使います。

 

肌布団は手軽な薄さと軽さで、
肌に心地よくフィットする布団です。

 

ポリエステルわたや羽毛、羊毛など
種類もたくさんあります。

 

合繊は加工しやすいので、
防菌防臭加工や防ダニなど機能的なものがあります。

 

今は家庭で丸洗いできるものの人気が高いです。

 

 

おすすめの肌布団は?

いろいろな種類のものがありますが、
中でもおすすめなのはダウンケット、ウールケットです。

 

 

ダウンケットとは

ダウンとはタンポポの冠毛のように
ふんわりした毛のことです。

 

そのダウンが50%以上使われているものが
ダウンケットです。

 

軽くて、保温性も高いのでおすすめです。

 

 

 

ウールケットとは

ウールは保温性、吸湿性、放湿性が優れています。

 

このウール100%を詰め物に使って、
0.5〜1.0kgの入れ目に仕上げたものがウールケットです。

 

ふんわり暖かくれ肌触りも良くおすすめです!

 

 

まとめ

春先や秋には気温の変動も大きいので、
掛物調整をミスってしまうと
一晩で風邪をひいてしまうこともあります。

 

ぜひ、掛物の調整がしやすい、
綿毛布や肌布団を準備されることをおすすめします!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-