梅雨の部屋干し臭い!除湿機を使った干し方で洗濯物を早く乾かすコツ | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

梅雨の部屋干し臭い!除湿機を使った干し方で洗濯物を早く乾かすコツ

2017/06/07

梅雨や冬場は外で洗濯物が干せず、
あのジメジメした嫌な臭いが気になりますよね。

 

除湿機を使っているのに
梅雨の嫌な臭いが取れない場合は、
除湿機の使い方が間違っているのかもしれません。

 

今回は梅雨のジメジメ臭いを撃退する、
除湿機を使った効果的な洗濯物の干し方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

梅雨の部屋干しの臭いの原因

梅雨時の洗濯物がきちんと乾かず、
ジメジメした生乾き臭がするのは
洗濯物の雑菌が繁殖するからです。

 

洗濯のときに落としきれなかった汚れ、
すすぎきれなかった洗剤に
雑菌が繁殖するんです。

 

この雑菌の作用を抑えることで、
あの嫌な「部屋干し臭」を撃退することができます。

 

 

臭い菌を防ぐポイント

①洗濯前の菌の増殖を防ぐ

洗濯前の衣類にはたくさんの菌が付いています。

 

それを湿った環境で放置すると一気に増殖します。

 

洗濯物の衣類を入れるカゴは通気性の良いものにして、
濡れているものは一緒なカゴに入れずに
吊るすなどして湿気を持たないように注意しましょう。

 

 

洗濯槽も閉めたままでいると
湿気がこもり菌が増殖します。

 

定期的に洗濯槽クリーナーを使って清潔に保ちましょう。

洗濯機の臭いが取れない!槽洗浄洗剤でおすすめやつけおき洗い方法ご紹介

 

②汚れをしっかり落とす

洗濯物を洗うポイントは、
「詰め込み過ぎない」ことです。

 

私はついつい2回にするほどでもないから、
ちょっと多いけど1回でまわしちゃう事があります。

 

でもこれだと、洗いもすすぎも不十分になってしまうんです。

 

洗濯機の○kgの7〜8割位を目安にしましょう。

 

残り湯を使う場合は、すすぎのときには
綺麗な水道水を使うようにしてください。

 

部屋干しのときには洗濯で
しっかり汚れを落とすように気をつけましょう。
こちらも合わせてお読みください
タオルの臭い対策にワイドハイター 洗濯での使い方や粉末と液体の違い

ワイドハイターの使い方洗濯機編 柔軟剤は?色落ちは?ファスナーは?

 

 

③干すときに菌を増やさない

菌は高温多湿を好み、
洗濯物が濡れた状態から乾くまでの
時間が長いほど菌が増殖し、
生乾き臭が発生しやすくなります。

 

部屋干しで5時間以内に
洗濯物を乾かす事ができれば、
生乾き臭は発生しにくいと言われています。

 

何度も言いますが、
タイムリミットは5時間です!!

 

菌を増やさないためには
「早く乾かす」事が重要です。

 

早く乾かすためには洗濯物の干し方と、
除湿機の使い方にコツがあるんです!

 

 

部屋干しには除湿機を効果的に使った干し方を!

①部屋は閉め切って使う

梅雨時などは窓を開けていると、
どんどん湿気のある空気が入ってきてしまいます。

 

部屋の扉を開けていると、
洗濯物の湿気が外に出てしまい有効に除湿できません。

 

できるだけ狭い部屋で除湿機を稼働した方が
効率的に除湿することができます。

 

部屋はしっかり締めて除湿機を使いましょう。

 

 

②除湿機は洗濯物の近くに置く

除湿機の風が洗濯物に当たるよう、
できるだけ洗濯物に近づけて置きます。

 

ただし、洗濯物から40cmは離してくださいね。

 

洗濯物は重力の関係で
水分が下の方に降りてくるので、
上の方から乾き下の方が乾きにくくなります。

 

除湿機の風を下から当たるようにすると、
効果的に乾かすことができます。

 

もっと早く乾かしたい人は、
扇風機やサーキュレーターを使って
風を当てると効果アップします。

スポンサードリンク

 

洗濯物の干し方で早く乾かすコツ

①空気の通り道を作る

洗濯物を早く乾かすポイントは「風」です。

 

洗濯物を部屋で干す時に洗濯物同士が近いと、
湿った空気がいつまでもそこに留まり
なかなか乾きません。

 

洗濯物の間隔をこぶし1つ分は開け、
風の通り道を作るようにします。

 

そこに除湿機の風があたるようにして、
空気を交換すれば乾くスピードが速くなります!

 

 

②干し方

洗濯物の干し方で効果的なのが
「アーチ干し」です。

 

外側に長い衣類、
内側に向かって短い衣類を干す方法です。

 

この干し方にすると、
両端の長い衣類に風が当たりやすくなって早く乾きます。

 

外側が乾きやすく、内側の方が乾きにくくなります。

 

ですから、
外側には乾きにくい厚地のものや綿のもの、
内側は乾きやすい薄地のものや化織のものを
干すようにするのがコツ
です。

 

アーチ型の下の部分に空間ができるので、
風の通り道が出来るので、
ごちゃごちゃに洗濯物を干すより確実に早く乾きますよ!

 

 

③洗濯物の向きを変える

洗濯物は重力で下の方に水分が落ちてくるので、
上の方から乾いていきます

 

ですから上の方が乾いたら、
上下向きを変えるのがコツです。

 

ポケットがあるものは
裏返して干した方が乾きが早いです。

 

私は面倒な時はポケットだけ出して干しています。

 

厚地のものだとポケットの折り返した部分が
なかなか乾かないので、裏返した方が早いです!

 

 

まとめ

梅雨や冬場の嫌な生乾き臭は、
洗濯物の汚れが濡れた状態でいる時に
増殖して発生してしまいます。

 

ですから、アーチ干しで
除湿機を効果的に使って素早く乾かしましょう!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-