洗濯機の臭いが取れない!槽洗浄洗剤でおすすめやつけおき洗い方法ご紹介 | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

洗濯機の臭いが取れない!槽洗浄洗剤でおすすめやつけおき洗い方法ご紹介

せっかく洗濯しても
洗濯物に嫌な臭いがついてしまう。

 

洗濯槽の掃除用の洗剤で洗っても
嫌な臭いが取れない!

 

そんな時におすすめの洗剤や
つけおき洗いの方法をご紹介します。

 

 

洗濯機の臭いが取れない原因は?

洗濯しても生乾き臭のような臭いが取れないのはなぜ?

 

それは洗濯槽に細菌や黒カビが
発生しているのかもしれません。

 

洗濯機は2重構造になっていて、
内槽と外槽の間に洗剤の残りカスや汚れが
たまりやすくなっています。

 

そして湿気も逃げにくいので、
残った汚れを栄養にして
細菌やカビが発生しやすいんです。

 

この細菌やカビが洗濯した衣類に
臭いと一緒についてしまうんです。

 

洗濯槽の洗浄をしてもすぐに
嫌な臭いがしてくるという場合は、
次の原因に当てはまるものがないか確認してください。

 

 

黒カビや細菌が発生する原因

 

・洗剤の入れすぎ

・粉石けんや洗濯のりなど残りやすいものを使っている

・湿度が高い

洗濯機の設置場所の湿度が高かったり、
洗濯後に蓋を閉めきっている

・洗濯機を脱衣カゴのように洗濯物を入れて放置している

 

この中でも、
洗濯が終わってからすぐに
洗濯機の蓋を閉めている家庭が多いので、
しっかり中まで乾燥させるように注意してください。

 

 

槽洗浄洗剤でおすすめは?

洗濯槽の洗浄に使う洗剤には
「塩素系洗剤」「酸素系洗剤」があります。

 

それぞれどのような特徴があるか
見ていきましょう。

塩素系洗剤の特徴

次亜塩素酸ナトリウムが主成分で、
キッチンハイターやカビキラーが
代表的なものです。

 

とても強い漂白力と殺菌作用があります

 

カビの汚れを分解、溶かす作用があって
カビ取り効果が強いのは塩素系です。

 

黒カビの再発生を抑える効果もあります。

 

ただ匂いが強く、
酸性のものと混ぜると有毒ガスが出て危険なので、
特に小さいお子さんがいる家庭では
避けたくなるものかもしれません。

 

酸素系洗剤の特徴

過炭酸ナトリウムが主成分で、
ワイドハイターなどが代表的なものです。

 

酸素系洗剤は強い発泡力で、
こびりついた汚れを剥がしておとします。

 

ですから酸素系洗剤で掃除すると、
黒カビがピロピロ浮いてくるのが見えます。

 

ただし殺菌力では塩素系より弱いです。

 

匂いはそれほど強くないので取り扱いやすいものです。

 

 

塩素系洗剤と酸素系洗剤どっちが効果ある?

では結局どっちがいいのか。

各メーカーは塩素系洗剤を推奨しています。

 

確かに殺菌力や黒カビの再発を抑える点では
塩素系洗剤が良いと思います。

 

塩素系洗剤でも市販の洗濯槽クリーナーで
匂いが取れない場合は、
洗剤メーカーの純正洗濯槽クリーナー
使われることをお勧めします。

 

市販のものは塩素濃度が0.5%ですが、
洗濯機メーカーの純正洗濯槽クリーナーは
塩素濃度が6%です。

 

濃度が高い分、殺菌効果は強力で
ほとんどの汚れ黒カビを
根こそぎ綺麗にしてくれます。

 

値段が1500円〜2000円と高くなりますが、効果は強力です。

 

 

洗濯機の槽洗浄でつけおき洗いの方法

洗濯機の嫌な臭いが取れない時は、
洗い方も見直すと違ってくるかもしれません。

 

 

塩素系洗剤のつけ置き洗い

塩素系洗剤の場合は、
槽洗浄のコースがあればそのボタンひとつで大丈夫です。

 

ドラム式なら槽洗浄コースがあると思うので
11時間くらいかけて洗浄します。

 

もし槽洗浄コースがなければ、
水を張った洗濯槽に塩素系洗剤を入れ
2〜3時間つけ置きしてから
ゆっくり時間のかかるコースで洗濯機を回してください。

酸素系洗剤のつけ置き洗い

<使用量の目安>
水10Lに対し、過炭酸ナトリウ100gが目安です。

ですから50Lなら500g必要ということですね。

 

 

<手順>
洗濯槽に40〜50℃の湯をためて
5分ほど動かします。

湯の温度が熱すぎ(60度以上)だと、
分解速度が速くなってしまうので効果が落ちてしまいます。

この作業で洗濯槽の裏の汚れを少し浮かします。

 

そこに酸素系洗剤を湯の量に応じて入れていきます。

そして15分ほど洗濯機を動かし、
洗剤を行き届かせて汚れを落としていきます。

 

この状態で一晩〜10時間ほど放置します。

 

すると、びっくりするほど
水が濁り汚れがプカプカ浮いてきます。

この浮いた汚れを網などでキャッチして取り除きます。

 

そして5〜10分ほど洗濯機を回します。

さらに汚れが出てくるので網でキャッチします。

また洗濯機を回し浮いてくる汚れを取り除く。

これを汚れが出なくなるまで繰り返します。

 

汚れが出なくなったら
脱水で汚れた水を捨てます。

 

そして綺麗な水で通常運転をして、
すすぎと脱水を2〜3回繰り返します。

 

汚れが出なくなれば終了です。

 

 

まとめ

洗濯している洗濯槽が
カビの温床になっているかもしれません。

 

定期的に槽洗浄をして
嫌な臭いの元を遮断しましょう!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-,