梅雨にするべき布団のカビ対策!部屋干し方法もご紹介 | 日々のあれこれ

日々のあれこれ

生活の中であれこれ思ったことをまとめました

ライフ・ヘルス

梅雨にするべき布団のカビ対策!部屋干し方法もご紹介


梅雨や冬場にちょっと油断すると、
気がついた時には敷布団にカビが。

 

梅雨は布団を外に干したくても、
お日様が出ている時間も限られてなかなか干せません。

 

今回は梅雨や冬場の布団のカビ対策についてまとめました。

スポンサードリンク

梅雨は布団のカビがすぐ生える

朝起きて、布団をめくると
布団も床も濡れている事ありますよね。

 

人は寝ている時に
コップ1杯分くらいの汗をかいています。

 

それを敷布団やマットレスが吸収して
湿った状態になります。

 

特にフローリングに敷いていると、
布団が吸収した水分が
フローリングの冷たい床に触れることで結露します。

 

冬場は乾燥しているのに
布団がびちゃびちゃになるのは、
フローリングの床の温度が冷たいから
結露の量が増えてしまうからなんです。

 

 

さらに眠っている自分の体温で
布団が適度に温められ、
カビの繁殖に最高の条件が整ってしまいます。

 

そこに埃や髪の毛などが栄養分となって、
カビがどんどん繁殖してしまい
布団にカビが生えてしまうんです。

 

 

普段から布団の敷きっぱなしは
カビの温床になってしまいますが、
梅雨の時期は特に注意が必要なんですね。

 

 

梅雨の布団のカビ対策

1布団を干す

布団のカビの一番の原因は湿気です。

 

布団の湿気を飛ばすには
布団を干すのが一番です。

 

仕事で忙しかったり、
梅雨時期で晴れ間がない時は
部屋干しでも効果はあります。

 

布団の部屋干し方法は後ほど説明します。

 

 

2すのこを敷く

すのこを敷くことで、
フローリングと布団の間に空間ができ、
温度や湿度を逃すことができます。

 

ですが、掛け布団で全て覆ってしまうと
風が通らず意味がなくなってしまうことがあります。

 

 

すのこの素材は桐やヒノキなどの木です。

 

木は吸湿性、放湿性に優れていますが、
そのまま使い続けると湿気がこもり
すのこ自体がカビてしまうことがあります。

 

ですから、
すのこを使って安心するのではなく、
やはり定期的に布団もすのこも
風に当てて干すようにしましょう。

 

3除湿シートを使う

ホームセンターなどで1000円位で
購入できる除湿シートは、
布団に挟むだけの簡単なカビ対策グッズです。

 

除湿マットは干して乾燥が必要な時には
センサーの色が変わって教えてくれます。
干せば何度も繰り返して使えます。

 

除湿シートの素材には3種類あって、
一番安価なものは「シリカゲル」です。

 

シリカゲルの除湿マットの場合は
すのこベットと一緒に使うと効果はバッチリです。

 

 

 

その他に「モイスファイン」「ベルオアシス」という素材があります。

 

値段は張りますが、
吸水力はシリカゲルの約2倍と高いです。

 

4布団乾燥機を使う

布団乾燥機の熱の力で
布団の湿気を乾燥するのは効果的です。

 

布団乾燥機なら天気や花粉を
全く気にせず使うことができて便利です。

 

もし布団乾燥機を使った場合でも、
布団は定期的に干しましょう。

 

 

布団の部屋干し方法

布団の部屋での干し方

洗濯物を乾かす時と一緒で、
風が通る場所で干すと
湿気が逃げやすくなります。

 

敷布団を部屋で干す時は、
壁に立てかけるだけでも効果は期待できます。

 

ただし布団が重なりあったりしないように注意してください。

 

椅子などの台になるものの上に
布団をかけるようにして干すのも効果的です。

 

室内干し用に布団干し用の物干しがあると、
場所が狭くても効率的に干せます。

 

すのこベッドだと、
すのこを折りたためばその上に干せるので便利です。

 

 

布団を干す時のポイント

風が通るようにする

布団も洗濯物と一緒で、
風が通る方が早く湿気が逃げます。

 

扇風機や除湿機、エアコンなどの
風が当たるようにするとより効果的です。

 

梅雨時期は天気が良ければ
窓を開けられますが、
雨で湿度が高い空気が入り込むのは危険です。

 

天気は十分に確認して、
窓を開けるようにしましょう。

 

 

布団の向きを変える

布団を干す時は、
必ず敷布団の下側が風に当たるようにします。

 

そして寝る時の布団の裏表、
上下の向きをこまめに変えるようにします。

 

そうすることで湿気がこもる場所も分散されます。

 

 

まとめ

梅雨はカビにとって繁殖するには
とても適した環境となってしまいます。

 

布団の湿気がこもらないように
しっかりカビ対策していきましょう!

スポンサードリンク

-ライフ・ヘルス
-,